なんでも博物学のアーカイブ

まだ起きてる:家守センパイ

2006 年 11 月 3 日 21:39

今年は寒くなるのが早かったので、早々に冬眠なされたと思っていた我が家の家守(ニホンヤモリ)『壁虎一号』様ですが、なんと!まだ起きておられた。

重鎮『壁虎一号』先輩は我が家の風呂場窓周辺がテリトリーらしく、そこら辺はあまり日当たりがよくないので昼夜を問わず精力的に捕食活動をなさっているご様子。夜など小さな昆虫等が寄ってき易くするために、風呂場の電気を点けっぱなしする等、縦社会と礼儀と義理と人情とか、その他を重んじる体育会系のワタクシとしては、電気賃無視で先輩の捕食活動に対し協力を惜しまない体制でありますからして・・・(捕食される昆虫の立場はどうなのか!?などと思われる諸先輩方もいらっしゃると思いますが、玄関を一歩出ればそこは野生の王国、食物連鎖ワールドでありますからして・・『遠くの蟲より近くの家守』という古い格言もあるかも知れませんし・・・)。ところで、なんで『壁虎一号』なのか?と申しますと・・今年、同じテリトリー内にもう1名の先輩が居ることが判明!・・その御方も『一号』先輩同様に齢を重ねていらっしゃるご様子で・・・一応、個体判別をする意味も含め、『壁虎一号』〜『壁虎二号』とナンバリングさせて頂いた次第。まぁ、しげっトちゃんとしても、『一号』と『二号』の区別は付きませんが・・・。

ちなみに、 約2年前の日記で取り上げた、我が家の玄関軒先にお住まいの生まれたての可愛らしい家守『子路』後輩は、冬眠後の寝惚けが原因で壁から落下し、そのショックで逃亡。やむを得ず、玄関軒先→門柱へとテリトリーを変更したのだが、それを発見したしげっトちゃんは捕獲に失敗(捕獲して、元々のテリトリーであり、比較的、餌である昆虫等が集まり易く、なおかつワタクシが観察のし易い玄関軒先へ放流してやろうと思った)、更に逃亡。消息不明。子路・・・元気でやってるかぁ?

家守ってのは、ワタクシが在住している埼玉の田舎でも各所で見掛けますが、以前、住んでいた東京都内世田谷区などの住宅地(アパートの壁など)の方が見掛ける頻度は高かったですよ。ワタクシが住んでいた小田急沿線の安アパートの壁にはビッシリ・・・。

おじぎ草に花が咲いたよ

2006 年 8 月 18 日 11:50

chiコロが丹誠込めて育てているおじぎ草に可愛らしい花が咲きました。おじぎ草は1本も枯らすことなく合計10本くらい順調に育っており、大きいものは30cmを超えておりますが、花は何故か1本のおじぎ草にしか咲いてませんです。

ちなみに、chiコロは昨夜おじぎ草の夢をみたそうで・・「おじぎ草に花が咲く夢をみたから〜起きてから庭に行ったら咲いてたの〜」「でもワタヒが夢でみた花はサルビアみたいに赤くて蜜がチューチュー吸えるのだったから、この花とは違うの〜でもボンボンみたいで可愛いからイィ〜」・・だそうです。

6月1日のおじぎ草

光芒

2006 年 8 月 10 日 02:01

台風一過(埼玉近辺はいつも台風の影響は殆どありませんが)の夕焼け、巨大な日暈 (22度ハロだと思う) から光芒(薄明光線だと思う)へと変化。束の間ではありますが、大自然の壮大なドラマを堪能したですよ。写真は光芒。

実は最近、資料集めも兼ね、写真撮影のため小一時間程度外出しておりまして、空ばかり撮っております。(絵本版『キミとボク』に使う青空のシーンの検証やらセルフリテイクやらセルフリテイクやらセルフリテイクも兼ねてますが・・)我が家から原チャで10分も走れば、そこは長閑な田園が広がる大パノラマ。同じ半径内には、歴史のある神社や寺院も沢山あるし、川や沼もある。偶には富士山も見えるし♪ってことで自分的には非常に知的好奇心を刺激されまくる住み心地の良い場所。(お仕事などで都内に行く場合は少々時間が掛かりますが、移動中の電車の窓の外を流れ行く景色は自分的に制作のアイデアを練るには一番の時間だし)などと、支離滅裂。

おじぎ草

2006 年 6 月 1 日 15:26

chiコロが我が家の庭で一番日当たりの良い場所に『おじぎ草』を植えた。なんで『おじぎ草』なのか?というと、chiコロは最近までそのの存在を知らなかったらしく・・シロクマやウリ坊などが出演する某漫画で『おじぎ草』を知り、その後、ずっと憧れていたらしい・・・と、いうワケでchiコロは庭に出ては『おじぎ草』をウリャウリャと突っつきまわしお辞儀させてはウキャウキャ嬉々としております。そして、ワタクシを庭に連れ出しては「ほらぁ〜おじぎ草っ!しげっトちゃんもウリャウリャしてみて〜」などとワタクシまで『おじぎ草』イヂメに参加させる始末。

夏に花が咲くのが楽しみだ。

大根トンネル

2006 年 2 月 25 日 06:08

通りすがりのしげっト:これって何本くらいあるの?
農作業中の知らないオバチャン:解らん

1月末、宮崎での会話。

あれから約1ヶ月・・もう沢庵になっただろうか?

ホーム > ブログトップ > なんでも博物学

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 1月 »
    M T W T F S S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31