なんでも博物学のアーカイブ

流行語大賞「どげんかせんといかん」って・・・

2007 年 12 月 5 日 06:03

宮崎県外の方々には東国原宮崎県知事の「どげんかせんといかん」や「きっくいやんせ」という言葉が宮崎県内全域で日常的に使われている方言だと思われてるっぽいですが、実は違います。それらの言葉は知事が選挙戦以後に公的に使用する以前は県内全域で通じる方言ではありませんでした。無論、現在でも一部の地方を除き、日常的に使われている方言ではありません。知事が宮崎弁として使っている方言は、殆どが薩摩藩であった鹿児島県に隣接している都城市(知事の出身地:宮崎ではミヤコンジョと言った方がポピュラー)近辺で使われている諸県弁(もろかたべん)というものです。この場合の諸県とは、日向国(宮崎県)ではありますが、薩摩藩の支配下にあった諸県郡を指します(当時の都城地方も含む)。そういう事情もあり、少なくとも前記2つの言葉は宮崎というより鹿児島の方言に起因します。鹿児島でも使わない地方もあるかも知れませんし、間違ってる部分もあるかと思いますが大体そんなところ。

というわけで、宮崎県南西部の諸県弁(宮崎では都城弁と言った方がポピュラー)にせよ、県北、県南にせよ、ネイティヴな方言はイントネーションも違えば、固有の語彙も多く、県央(宮崎市内近辺)の人々には通じない言葉が大量にあります。ワタクシは宮崎市内育ちのなので県央が基準になっちまいますが、特に諸県弁が全く解らん。別にそれが良いとか悪いとかではないですが・・・やはり、「これが宮崎のお国言葉っ!」みたいに公言されると違和感ありありですがな・・・・そういった論争というか、議論じみたことも各方面で多々あるわけだし・・・などと『おなごんけくされ』みたいなことを言ってみる。

そもそも、「どげん」自体が鹿児島で多く使われている方言、宮崎では「どげん」よりも「どんげ」の方が一般的です(「どんげね?」「どんげすっと?」等々)。即ち、「どげんかせんといかん」は「どんげかせんといかん」若しくは「どんげかせにゃならん」。「きっくいやんせ」は「きてくんない」若しくは「きない」・・もっと言えば、南新宿にある宮崎のアンテナショップ『KONNE』の語源となった「こんね」の方が広く使われてますです。ちなみに、県央で使われている方言も年々標準語に近づく一方で(イントネーションは宮崎弁のまんまですが)、ディープな方言は失われつつあります・・偶にそういった失われた方言を使うと、その懐かしさや珍しさ、珍奇さに大爆笑・・「ぼど=全部」とか「きびる=縛る」、「からう=背負う」、「さるく=歩く」とか・・・それらを全て使用した例→「ぼどきびってかろてさるきまわってきたっちゃがー!!」。そう言えば、酒好きを「しょちゅ(焼酎)くれ」と呼びますが・・かといって「焼酎」自体を単独では「しょちゅ」とは言わず、普通に「しょうちゅう」と呼びます。また、酒癖が悪い人のことを「山芋掘り」と呼びます。従って、悪い酒癖が出た場合、周囲の人々は「まぁた、山芋掘りだしたじ。のさーーん」と言います。いじょ。

関連記事:ハイブリッド方言レジュメ

川越まつり:後編:怪奇!見世物小屋

2007 年 10 月 27 日 04:10

小江戸川越の檀林、江戸から連なる八ツ鐘。開基1549年、川越七福神第五番『福禄寿神』を祀り、『日限地蔵尊』を安置する。人呼んで『子育ての呑龍様☆蓮馨寺』。普段は静かな境内も『川越まつり』催事中には一変する。そう、あの怪奇!『見世物小屋』の復活である・・・前回紹介した川越まつり中編『おばけ大会』に続き、その恐ろしさをご一緒に体感出来れば幸いである。

というわけで、今回は『川越まつり:後編』怪奇!画像を5点掲載。いつも通りサムネイル画像をクリックすると別ウインドゥで大きな画像が表示されますです。

【川越まつり:後編:画像いち】
『見世物小屋』出口。「のっけから出口とは何事かっ!?」というお叱り電波を受信したが、「御代は観てのお帰り」であり、そんな事情である・・おどろおどろしい極彩色の看板絵・・よくよく見ると『悩殺ハレンチショウ』とある・・・・・・・・・な、な、なんだろう?・・・やはり、ワタクシも入っておけばよかったと今更ながら後悔する。


【川越まつり:後編:画像に】
出口のお次は入り口である。入場料六百円也(大人)、ワタクシに既視感をもたらしたものはそれである・・前回紹介した『おばけ大会』と同一料金である。その奇異なる符号は異界への扉・・よくよく見ると『見世物王子』との記載・・ナウである・・・香具師の時勢の敏感さには脱帽である・・感度びんびん。やはり、ここは現代だ・・・・あな恐ろしや。

【川越まつり:後編:画像さん】
看板絵・・実にサイケデリックなLSD体験。やらないか?番長の胸には『とにかく反対!』の文字、悪の親玉ラスボスぬらりひょん似の小僧の深紅のフンドシには『根性』の二文字。これぞ真のアプレゲール。迷い込んだ場所は日本のミッドセンチュリー・・もう帰れない。


【川越まつり:後編:画像よん】
たった今、読者から「スネーク、小屋内部に潜入&撮影&画像うpして。女ネ申様」と、ワタクシの脳内に通信指令が入ったが・・ワタクシはヘタレ・スネークなので小屋に入場していないので撮影してないので「無いませン」と返信しておいた。脳内電波は実に便利である。ワタクシなどは年中送受信可能状態であり、寝ても覚めても電波ゆんゆんであり大変便利りるいであル。その代わり『小屋』の裏手にて発見した『ビンゴゲーム屋』のお宝画像を掲載。まごうことなき『ょぅι゙ょ』が玉を握り締めている図。


【川越まつり:後編:画像ご】
『川越まつり:前編』で紹介した我が町の『山車』撤収風景。最徐行した軽トラに引かれ山車は帰り行く・・その後ろを我が町内の曳き子達が連れ歩く・・お疲れ様でした。そして享楽の時は過ぎ行く・・宴は終わったのだ。また来年。


いささか悪乗りが過ぎた文体であった感もあるが、これにて『川越まつり:前中後編』一貫の終わりであります。ご静読感謝。

川越市 川越まつり紹介ページ
川越観光協会 川越まつりの歴史

川越まつり:中編:恐怖のおばけ屋敷

2007 年 10 月 26 日 02:46

前回に引き続き『川越まつり』レポ。催事中に蓮馨寺境内で催される『見世物小屋(後編で紹介する)』と『おばけ屋敷』。昨年は出店されず、その廃止を惜しむ声も各方面から上がっていましたが、今年、目出度く完全復活!(復帰?)祝!・・と、いってもワタクシはヘタレなので入場しませんでしたが・・。

というわけで、今回は『川越まつり:中編』恐怖画像を5点掲載。いつも通りサムネイル画像をクリックすると別ウインドゥで大きな画像が表示されますです。

【川越まつり:中編:画像異血】
蓮馨寺・・その境内に一歩足を踏み入れると、そこは異次元空間。昭和の時代にタイムスリップしたような感に襲われ、ふと後ろを振り向き、我が身の置き場を確認したくなる。斜め後ろの屋台では『おしりかじりむし』のぬいぐるみ籤引が行われている、香具師の時勢を読む能力には脱帽である・・やはり、ここは現代だ・・・・あな恐ろしや。


【川越まつり:中編:画像煮】
恐る恐る小屋に近付いてみると、なんと!その看板には『おばけ大会』と記されていた!・・『おばけ屋敷』ではなく『大会』・・『おばけ大会』だ・・・(中略)・・その恐怖の館内部からは、うら若き女子の悲鳴が聴こえてくる・・・やっぱ、ワタクシも入っておけばよかったと今更ながら後悔する。


【川越まつり:中編:画像惨】
更に足を進めると、地獄の門が待ち構える。入場料六百円也(大人)、ただし制服着用の高校生は四百円だという・・・うら若き女子の悲鳴・・・せいふくちゃくようのじよしこうせいはよんひゃくえん・・・やはり、ワタクシも入場しておけばよかったと今更ながら後悔する。ちなみに、画像右の縞々模様のチャンチャンコを着た見慣れた感じの怪奇少年は他人の空似であると思われる、他言無用・・気のせい、気のせい。


【川越まつり:中編:画像死】
証拠画像(検証用)。chiコロ撮影。世の総てを怨むかの様な極悪な眼光、地獄の魔王にねじ曲げられたような口角、その煤けた佇まい・・・やはり、他人の空似である・・気のせい、気のせい。上空を彷徨う『一反木綿』・・あなたには見えますか?


【川越まつり:中編:画像悟】
別角度から決死の撮影。『おばけ大会』と『見世物小屋(後編で紹介する)』の間の狭き通路は、さながら戦後闇市の様相・・次元の狭間・・・ワタクシが敬愛して止まない黒澤明 監督の名作群『醉いどれ天使』や『野良犬』をふと思い出す。ワタクシは拳銃を盗んだ犯人を捜し、闇市を彷徨い歩く新米刑事『村上@三船敏郎』である。「佐藤@志村喬さん、死なないでくれ!!」。
余談ですが、松本清張 原作、緒形拳 主演の映画『鬼畜』は川越ロケ多数&『仮面ライダー電王』に出てくる喫茶店『ミルクディッパー』も川越にあります(←電王では実店舗というか外観のみ使用)。前作『カブト』や『響』『555(ファイズ)』、戦隊物では『デカレンジャー』や『マジレンジャー』などでも川越ロケやってますです・・・余談多過ぎ。


いささか話が脱線したが、次回は『川越まつり:後編』怪奇!『見世物小屋』特集。刮眼せよ!
・・イカン!段々悪乗りしてきた・・・。

川越市 川越まつり紹介ページ
川越観光協会 川越まつりの歴史

川越まつり:前編:曳っかわせ

2007 年 10 月 25 日 18:35

10月20、21日の両日行われた国指定重要無形文化財『川越まつり』関東三大祭りの一つとも言われてます。この祭り最大の見所は『曳っかわせ』と呼ばれる山車どうしの対決。この『曳っかわせ』ですが、まずは川越の主な町内に各一台ある山車が市役所前に集合『山車揃い』しまして、その後、市中を曳き廻します。その最中、他の山車とかち合うと対決が始まるわけです。対決といっても、山車どうしがドッカンドッカンぶつかり合ったりするガチンコ対決ではなく、互いの山車が向き合いお囃子の儀礼打ちを行い、相手のお囃子に釣られた方が負けという至って平和なもの。といっても現在は、そういった勝敗を決めず、お互いがお囃子の儀礼打ちを行うのみの更に平和なお祭り。だけど非常にエキサイティングなお祭りです。

というわけで、今回は『川越まつり』画像を5点掲載。いつも通りサムネイル画像をクリックすると別ウインドゥで大きな画像が表示されますです。

【川越まつり:前編:画像1】
四つ辻にて二台の『曳っかわせ』を見物していると・・


【川越まつり:前編:画像2】
三台目キタ━(゚∀゚)━!!!!! 巴戦開始! 見物していると画像手前の新富町の曳き子の(知らない)おじさんに縁起物だといわれる提灯のロウソクを貰った♪しげっトは防御力が上がった。

【川越まつり:前編:画像3】
こちらは上の2つの画像とは違う山車どうしの『曳っかわせ』。辻でなくとも出合えば即『曳っかわせ』。とんつく♪とんつく♪

【川越まつり:前編:画像4】
画像右は我が町内の山車であり、なにやらこちらまで誇らしい気持ちになる。ちなみに、山車の天辺にはそれぞれに由来した人形が乗っていますが、我が町内の山車のシンボルは『木花咲耶姫』。僕の故郷である宮崎と縁の深い御方、思い入れもひとしお。

【川越まつり:前編:画像5】
『曳っかわせ』は、山車どうしがかち合った場合だけでなく、各町内の会所前等に差し掛かった場合にも行われます。


次回『川越まつり:中編』は恐怖の『おばけ屋敷』特集。乞うご期待!

川越市 川越まつり紹介ページ
川越観光協会 川越まつりの歴史
木花咲耶姫関連記事

ほろ祭り(ほろかけ祭り)

2007 年 9 月 19 日 17:26

『古尾谷八幡神社』の『ほろ祭り(ほろかけ祭り)』この祭り自体が埼玉県指定の無形民俗文化財。数年前よりこの祭りの存在は小耳に挟んでいたのだが、今回、ようやくスケジュールの都合がつき、見物に出掛けることができた♪念願が適ったよ。

まぁ、川越市の片隅の小さな集落で行われてるわけだし、収穫前に行われる五穀豊穣・・所謂『村のお祭り』を想像して甘く考えていたんだけど・・この神社の歴史は元暦元年まで遡り、源頼朝が勧請したという伝承もありの、大変歴史のある由緒正しい祭りであることが判明!・・・・どうりで独特の雰囲気があったわけだ!なんか、もうタイムスリップした感覚に陥った次第。お見逸れ致しました!!

嫁のchiコロも、この付近の生まれであり、幼いころ両親に手を引かれて見物に行ったという・・祭りや神社の佇まいと相まって、そういう風景も容易にオーバーラップしたり・・。ちなみに、我が家の米は古谷本郷産。

ホーム > ブログトップ > なんでも博物学

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 1月 »
    M T W T F S S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31