なんでも博物学のアーカイブ

エレファントカシマシ:日比谷野音2008

2008 年 6 月 29 日 06:35

毎年恒例、エレファントカシマシの日比谷野音ライブ行って来たですよ。梅雨時に野音かい・・迷惑この上なし、けしからん!などと思いつつ、どうせ行くんですが・・天気にも恵まれ絶好の野外ライブ日和でありました。・・それにしても何度目の太陽だ!?・・ではなく、何度目の野音だ!・・と思い、エレファントカシマシファン御用達のWebサイト『エレファントカシマシ DB』のライブレポートで確認してみたら・・セットリストや情報があるライブしか掲載されてないので困った・・しかし、何年くらいやってるのか?気になって仕方なくなってきたので色々調べてみたらRO69:の即日ライブレポートに書いてありました。・・うぇあ?・・19年っスか?・・・俺は・・いつのまにそんなに歳を・・・俺オッサンじゃん!・・などと言っても毎年新鮮な気持ちで参加させてもらっとりますが・・。

んな余談はさておき、今年のライブは密度が高過ぎるというか、濃度が濃過ぐるというか・・強力過ぐるというか、近年にない強烈な勢いを感じまして、脳内スカウターが壊れてしまいましたので、特に印象に残ったことだけ書き連ねるとすれば・・

(1)『月と歩いた』〜『月の夜』辺りの宮本のキレっぷり。もの凄げーテンションだた。(『月と歩いた』演奏中、収録されているアルバム『浮世の夢』発売当時のインタビューで「なんで月と歩いたなの?」ってな質問に宮本が「だって月と歩いたんだモン!」みたいなやり取りがあったのを思い出してしまい、頭ん中でぐるぐるしてた・・)・・それにしても、今回、宮本がこの詞の解説をしたんだけど、普段は全く賭事をしない宮本が、当時、なけなしの小遣い(5,800円・・だっけ?)を贔屓の馬(ミスターシービー)に全額賭けて負けちまい(シンボリルドルフ)、水道橋の場外馬券売場から赤羽の自宅まで侘びしい気持ちで帰宅した際に創ったもんだとか何だとか・・・(←時期的に有馬記念か?)・・おけらになって薄ら寂しい気持ちの帰りしなに「ドライブ楽し♪ぷぷぷ〜♪」っスか・・やっぱただ者じゃねぇな・・・前回の渋公ライブで『風』の由来を聞いた時もそうだったけど・・この話も額面通りに受け取ると・・・やっぱ由来は聞かない方がよかった・・・贔屓の馬がミスターシービー・・・下り坂でのまくりなど、破天荒な走りで数々の大波乱を巻き起こした追い込み馬が好みってとこが宮本らしいというか、エレカシっぽいけど、どうせなら帝王シンボリルドルフになれ・・花となぁれぇぇええ〜・・・でも、ミスターシービーには他の馬にない夢があったもんな・・俺も、当時、ミスターシービーの壮絶な追い込みにしびれたくち。

(2)『真夏の革命』の後半。紫の照明に照らされたステージと夜空を流れる雲、そして薄暗い客席のコントラストの得も言われぬ美しさ。幻想的ってのとは少し違う・・兎に角、筆舌に尽くしがたいというか、言語を絶する美しさだった。今回の席位置はBブロックの思いっ切り右端だったんで会場全体が良く見渡せたんです・・偶にはこんな席も良いなぁ〜。

(3)『FLYER』のリフ中のメンバー一帯になったヘッドバンギング。蔦谷 氏はホントにエレカシ5人目のメンバーっぽくいい感じに馴染んでました。

(4)『武蔵野』演奏中に宮本が涙ぐんだ(嗚咽に近い?)ことを、自分で説明したこと。演奏中に一番嗚咽したのは99年か2000年辺りに渋谷のクアトロで演奏した『寒き夜』だった記憶があるんだけど、そん時よりも激しく音程が崩れていたのも印象的。

(5)自分が確認しただけでも計7台のカメラがあった。こりゃ、日比谷野音ライブDVD発売か?昨年は確認用カメラ&モニターが1台だけだったような・・(昨年の席はCブロックセンター確認用モニターの真後ろだったので多分1台で間違いないと・・)

・・他、何かあったっけ?アンコール時、宮本が着用してたライブグッズのTシャツが黒地に銀色のプリントでアレというか、ゲイっぽく見えてしまった・・高緑氏からぶん取ってかぶったポークパイハットは似合ってた感じがしたけど、何か違う人に見えた・・・これ以上書くと、エレカシへの恥ずかしい思い入ればかりになっちまうので、以上。

以下、オマケ画像。日比谷野音周辺の様子。

日比谷公園、霞門。入って右が日比谷野音。

丸の内線、霞ヶ関駅から地上に出ると、野音からエレファントカシマシのリハーサルの音が響き渡っており、嫌でも(←嫌じゃないです。嫌じゃないです。)祭の気分が高まります。近年で印象に残ってるのは、地上に出た途端『東京の空』が大音響で(リハ中)が聴こえた時は腰が抜けそうになった・・つーか興奮した!「うへぇ〜〜東京の空やんの?ホントにやんの?ホント?わー屋台でビール買って呑まなきゃ!フランクフルトも食べなきゃ!ヤベーーーーぇぇえええ!」って感じだった・・(この時のライブは『友達がいるのさ』の特典DVDで観られますが、現在は入手困難?)この年は『友達がいるのさ』も初お披露目で、しかもリハで演奏しまくっていたので最高に興奮したかも。ある意味、野音最前列のチケットを入手した時よりも興奮した。

『鶴の噴水』が目印の『雲形池』・・の雀のお宿?。

丁度、リハは『うつら うつら』を演奏中でした。雀のぉ〜可愛いさよぉ〜♪

町を見下ろす丘 カラスもイッパイいます。

勝手に花壇に入って、食べもしないのに花を毟ったり、喰いちぎったりとやりたい放題の無法者なDQNっぷりを発揮してましたが・・注意した方が良かったか?

この2羽は何か揉めてた・・何か、左側のヤシが物凄い勢いで怒ってた・・仲裁に入った方が良かったか?

やべぇ・・生き物特集になってきた・・・。今回は『なんでも博物学』カテゴリーのエントリーではなく、『エレファントカシマシ』カテゴリーのエントリーっス。

野音入口付近。

今年は人大杉・・大盛況。『今宵の月のように』などで大ブレイクし、野音ライブが2daysになった頃の熱気に近い感じがしました。当時の人気っぷりに関しまして、 ファンクラブに入っていてもチケットが抽選ってことがあったりして・・・今回の再ブレイクは大変喜ばしいことなんですが、来年とか、チケットが抽選になるような気が・・・それだけは勘弁して下さい。

何か書き忘れてることがある気がしますが・・ま、いっか・・ってなワケでまた来年。


立て籠もり:川越:小仙波〜南古谷

2008 年 6 月 3 日 21:48

本日、立て籠もり事件のあった埼玉県川越市でありますが、もろ地元というか、事件の余波で嫁のchiコロの通っていた学校が休校になってたりしてたみたいで、川越市の東側は広大な田園地帯が広がってたりして、ある意味、風光明媚な場所なんですが・・流星群なんかの時も田んぼの真ん中からだと良く見えるし・・・ザリガニとかも一杯いるし・・chiコロが子供の頃(20年くらい前)まではホタルなんかも沢山いたらしい・・って何の話題か解らなくなりましたので、今回はそこら辺近辺の画像をいくつか紹介(撮影時期はばらばらっス)・・・それにしても、主犯の人・・トカレフやらペンシル型やらで計三丁も準備してたのか・・危ねぇなぁ・・・。

立て籠もり事件の発端となった小仙波(こせんば)辺り。

カルガモ横断中、両車線は大渋滞中(ワラ)。この時は、渋滞先頭の軽トラに乗ったおっちゃんが交通整理係だった。

立て籠もりがあった南古谷の久下戸って所にある奥貫家 長屋門。川越市景観百選。TVのロケなどにも使われたりする。

昔は、藁葺きだったらしい・・川越市指定文化財なんだから藁葺きに戻してくだしあ。chiコロが小学校の頃のスケッチ大会はここだったらしい。

田園。

こういった風景があちこちにある。武蔵野の原風景って感じ。それにしても、空が広いなぁ・・仕事で都内に行くことも多いけど、住むのはやっぱ川越だなぁ・・・新宿や池袋から電車で1時間弱でこの風景。都内の世田谷から埼玉に引っ越してきた頃は何となく不便も感じたけけど、もう都内には住めません。天気が良い日は富士山も見える・・世田谷辺りからも富士山は見えるけどね(下北沢近辺だと小田急線の世田谷代田踏切辺りが眺めが良かった記憶あり。上野毛の坂からの眺めも良かった気がする・・上野毛駅前にある『アンクルサムズ サンドウィッチ』サンドウィッチも旨かったけど、金曜日限定のカレーが旨かった・・・・・昔は毎日のように通ってたけど、今もあんのかな?・・あの頃はいつもビールがぶ呑みして居酒屋状態にしてごめんなさい、おばちゃん元気?・・・あっ!余談が長すぐる)。

別の日の空。

画像中央右にある尖った山が何という名前なのか知らないけど、いつも気になる・・んだけど、未だに調べてない。また今度。

超巨大な光輪。

以前のエントリーで紹介した『光芒』もそうだけど・・場合によっちゃこんな奇跡のような風景が拝める。

なんとなく『ウルトラセブン』っぽい風景。

廃土置き場なので遊べません。

ちなみに、以前のエントリーで紹介した『ほろ祭り(ほろかけ祭り)』も古谷地区のお祭り。

関東地方は梅雨入りしたばかりだけど・・夏が待ち遠しいなぁ・・・・。おっと、その前にお仕事&作品製作っと。

動物に追われる女

2008 年 5 月 29 日 09:40

前回のエントリーで余談として少々触れた嫁のchiコロがガチョウに追い掛け回されている時の画像を発見しましたのでうp。2002年撮影。

最初は1羽だけだったのにいつの間にか3羽に追われていた。(←chiコロが)

↓こいつがボス。

ワタクシが近寄っても無反応。こいつの視線の先にはchiコロが・・(←まだ狙ってる)逃げてぇ〜!

こちらは謎の生物に集(たか)られるの図。(←chiコロが)

こいつらは『マーラ』という齧歯類(カピバラなどと同じくネズミの一種)。

ちなみに、大分県にある高崎山では猿に携帯ストラップ(UFOキャッチヤーで獲ったバナナ型)をもぎ取られたことがある(←chiコロが)。森とか藪を歩くと一人だけ蚊に集られる・・立ち止まらずに歩いただけで数カ所刺されている(←chiコロが)


荒川の動植物 2

2008 年 5 月 28 日 03:20

前回のエントリーで荒川沿い左岸(下流向かって左が左岸です)の『榎本牧場』にて休憩・・っていうかソフトクリーム(←本当はジェラート)の看板に吸い寄せられただけ・・ってなワケで前回の続きっス。

ロバ

榎本牧場のロバが柵の向こうっ側にいたので、呼び付けたのだがシカトされた。

ロバ

ロバ鳴き真似をしたら全員来た。むこうも負けじとけたたましく一鳴き。

チャボ

こいつらは呼び付けなくても来る。ソフトクリームのコーンをねだっているだけ。雄鳥が「クワァァアァァァァァァァ・・・ァァア」と鳴いていた・・なんで怒ってんの?

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)

榎本牧場の横に群生。通常のクローバー(シロツメクサ)よりも四つ葉率が高い感じ。

ぬこ

草むらからぬこが覗いていたので呼び付けてみる。

ぬこ

ぬこが来た。2個来た。

ぬこ

育ちっぷりからして、生後8〜10ヶ月くらいか?

そういえば昔、深夜、徒歩帰宅中に知らないぬこが1名いたので呼び付けたら、生け垣やら塀の上から7名くらい飛び出してきてワラワラ寄ってきたのでびびった。更にそういえば昔、子供動物園みたいな所に行って柵の中に入ったら、大きなガチョウが嫁のchiコロを見付けたとたん、物凄い勢いでガアガア鳴きながら向かって来て(他にも人がいっぱいいるのに←ガチョウが←ピンポイントでchiコロだけを追い回す)chiコロもびびって全力で逃げたら、更に追い掛けてきて(←ガチョウが全力で)暫くそんな光景が続いて腹が痛くなるほどワロタ。chiコロは動物に追い掛けられ易い体質。ワタクシは動物を呼び付けるの得意。

県央ふれあいんぐロードwwwうはwwwwおkwwww夢がひろがりんぐ!!

VIPPERの・・す・・巣窟?

荒川の動植物編、一応終了。また画像が貯まったらパート3やります。

この日の走行距離:約41km(帰りはヘタレて電車輪行→実は迷子になったので北坂戸駅から電車に乗った→太郎右衛門橋から北坂戸って・・・どこをどう行けばそんなとこに・・→素晴らしい方向感覚→こりゃマジでGPSの導入を検討しないと遭難しる・・・→北坂戸の『焼肉やっちゃん』で2倍定食喰ったからおk)


荒川の動植物 1

2008 年 5 月 27 日 06:07

相変わらずロードやクロスにビュンビュン抜かれながら荒川サイクリングロード(荒サイ)をぶらぶら走っとるわけですが、何か生き物の鳴き声が聞こえたといや止まり、牛が放牧されてるといや止まり、変わった形の雲が流れてると思いや止まり、なんか見慣れぬ植物が群生してるといや止まりと、一向に先に進まず、しかも前回の自転車関連エントリーでは下流というか海を目指していた筈なのに何故か上流方面ばかり走り・・遡上し・・などと相変わらず前置きが長い。

キジ(雄)

繁殖期なんで土手のあちこちで「ケン、ケン」鳴いてるからこの時期が一番見付け易い。かなり用心深いんで写真を撮るのも一苦労。大きさはニワトリくらい。

キジ(雄)

別の個体。写真を撮ろうとじわじわと近付いていたら土手を車が通過した音に反応し逃走中の図。逃げ足は早い。この日は合計5羽のキジの鳴き声を聞いた(そのうち2羽を目視)。ちなみに、雌は季節を問わずウズラみたいな茶褐色。

ツバメ

『ホンダエアーポート』横の土手のツバメの群飛・・群飛というには数足らずかも知れないけど、数十羽が筒状に乱舞する光景は圧巻。恐らく巨大蚊柱でもあったのだろう・・。

ホルスタイン

荒川名物、牛の放牧。

ナナホシテントウの幼虫

こいつらの主食は害虫のアブラムシなんで、ナナホシテントウ自体は益虫の分類なんだけど、要は肉食なんで、共食いしたりすんだよな・・←特に幼虫な・・野蛮だよな・・。余談ですが、我が家の隣の庭にある枝垂れ梅の木にアブラムシが大量異常発生しておりまして、そいつらが塀を伝って我が家の庭にまで侵入しておりましたので、侵入経路にカビキラーやら数年前にスズメバチ駆除用に購入したハチ用殺虫剤を散布し寸断したのに、それを乗り越えて来てたんだけど、暫く放置していたら来なくなった・・暫くの間は寸断されたことにすら気付かなかったらしい・・・。

閑話休題。ナナホシテントウの幼虫など特に珍しくないのでコメント少な目にしようと思ったのにアブラムシの話に発展して無駄に文章が長くなる。ちなみに我が家の風呂場には体調数ミリの子供カタツムリが大量発生しましたので全員外に追い出したうえに進入経路であるタイルの裂け目をコーキング材で塞いだら来なくなったというか入れないので来れなくなった。この裂け目からは、他にもダンゴムシやナメクジやらゲジゲジやらが不法侵入していましたが全員来なくなったので一安心。←侵入者の連中をいちいち外に追い出すのは面倒だた・・偶に知らずに踏み潰してしまったりするし・・・・。

【追記】と思って油断していたら、この日の夜、風呂場にアシナガグモがいた!→嫁のchiコロが素手で掴んで庭に追い出した。

嫁のchiコロ。

愛車の『エヴァシオン アルミ』はいたって快調。改造費や備品は車体価格を軽ぅ〜く突破更新中。

次回に続く。


ホーム > ブログトップ > なんでも博物学

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 12月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31