なんでも博物学のアーカイブ

初山祭り(検証編)

2005 年 7 月 14 日 04:53

昨年より参加し始めた近所の祭り。住宅街にある小さな神社にも関わらず沢山の屋台がズラリと並び、その賑わいようはちょっとしたものであり、また、お参りした子供たちは額に赤いハンコを押してもらうのが習わしらしく、何か不思議な感じがした・・。それらはしげっトちゃんの知的好奇心を大いにくすぐったわけで・・ここ1年ほど調べていたのです。

と、いうわけで、以下、検証結果要約

【1:仙波浅間神社の初山(はつやま)の祭りであること】
初山(はつやま)は、過去1年の間に結婚した花嫁や子供が出来た際に初参りする日。詣でた人には印が押される。また、土産にあんころ餅や団扇を買う習わしがある。
仙波浅間神社は、浅間信仰が盛んになった江戸中期に、『富士山本宮浅間大社』を勧請(分祀ではないよん♪)したものであり、開運、安全、安産祈願のための神社として建造された。また、この社殿は、古墳の上に建造され、社殿裏には富士山の火口を模した穴がある。更に、この仙波浅間神社に参ると富士山に登山したのと同等として考えられる。(要するに、ミニチュアの富士山を祀っているようなものか?)

 ◇ ◇ ◇
余談ですが、『せんば山の狸』の歌・・この『せんば』には熊本説と川越説がありますが・・どちらが有力か?といわれますと・・熊本に『せんば山』はない、川越には『仙波山』があり、そこに『仙波東照宮』が建造されている。それらを踏まえたうえで歌詞を検証すると『狸=仙波東照宮=徳川家康=徳川幕府』という図式が成り立たなくもない。ちなみに、この歌の由来は、川越の仙波山に薩長連合軍が倒幕のため駐屯した際に歌われたものらしいということ・・更に歌詞を検証してみると「あんたがたどこさ?」との質問に「肥後さ」と答え、その後「肥後どこさ?」「熊本さ」と問答していることから、肥後がこの歌の発祥地であった場合、このような質問自体が成立しないことになる。

他にも「肥後どこさ?」=「肥後ってどこさ?」という意味ではなく「肥後のどこさ?」という解釈もありますが、その場合、後に続く「熊本さ」という答えが成立しないのではないか?・・まぁ、この歌の発祥を『手毬歌』ではなく『問答歌』であるという説もあり、論争は絶えませんが・・・尚、『せんば』には『仙波』『船場』『洗馬』等の諸説あり、もう何がなにやら・・まぁ、その他の色んな伝承と同じく諸説あるわけで・・バルタン星人の由来論争と同く絶えることない論争ではないかと思う次第・・っというわけで、色々と検証した結果、しげっトちゃん的には、川越説が有力ではないか?と思う次第であり、バルタン星人の由来の解釈は公の場では止めた方が良いかと思い(後略)
 ◇ ◇ ◇

続きを読む

初山祭り

2005 年 7 月 13 日 23:05

05-07-13.jpg真っ昼間から近所の祭りに出掛け、お好み焼き屋台の列に並ぶchiコロ。

祭りのために朝から何も食べないで我慢してたのでお腹が空いてウズウズしてるの図。

次回はこの『初山祭り』を検証す。

新耳袋:第十夜

2005 年 6 月 20 日 10:58

『山の牧場』など数々の名話を生んだ人気怪談本『新耳袋』が第十夜・・つまり、十巻目を迎え刊行終了した。ナンバリングのない第一夜の初版本が扶桑社からひっそりと発売されたのが1990年のことであるから、実に足かけ15年掛かったことになる(扶桑社版は画像参照)。その後、一旦絶版となったが・・ブランクを経て1998年にメディアファクトリーから再販され第二夜以降へと続き、今回、刊行終了と相成った。

『新耳袋』はTV化や映画化、マンガ化までされており、オカルト好きな皆様には説明不要の有名シリーズですが、他の怪談本とひと味違うのは・・やはり、妖怪やモノノケ話などを好んで取り扱った点にあると思う・・いわば、柳田國男の名著『遠野物語』の現代版とでもいうべきか・・・そこに摩訶不思議な『山の牧場』なる名話が入り、人気がピークに達したのではないかと・・(山の牧場は第四夜に収録)。他にも『件(くだん)』(人+牛と書いて件と読む)等、不思議な話が多数・・こちらは、小松左京の『くだんのはは』でも有名。

手法としては百物語をモチーフにしているため、各巻100話・・・ではなく、一応99話収録となっている。これは、一夜にして百の怪談を読んじまった場合、何らかの怪奇現象に襲われる可能性がなきにしもあらずという配慮からで・・まぁ、そこら辺は・・・なんとも言えませんが(笑)・・ちなみに、扶桑社 新耳袋はきっちり100話入っており・・15年前の発売当時、ボクもなんかあると怖いので・・一晩で100話読み切るのは控えておりました・・数人の友人も一様に一夜100話読了はマジで控えていた・・皆さん、オカルト好きなわりには信心深いというか、単純というか、単なる恐がりというか・・・(←自分も含め)個人的には第一夜の『隣の女』や『峠のホットドッグ屋』等が印象深いかな・・『件』の話もこの巻に収録されてます。

更に、7月末には、平山夢明さんの人気シリーズ新刊『「超」怖い話Z』も発売される予定だし、今年もオカルトマニアにはたまらない夏になりそー。

●関連リンク:2chオカ板・死ぬ程洒落にならない話を集めてみない?
>ここの『投票所』ではネットでは有名なオカルト話が人気順に並んでます。『猿夢』や『くねくね』などはオススメ。『たまげた相談』や『地獄のバス』は個人的に却下w

それでもまだ怖い話や不思議話が読み足りないという良い子は『にんげん』や『本当に危ないところを見つけてしまった』等でググってみるのも一興かと・・

ハイブリッド方言レジュメ

2005 年 5 月 13 日 04:54

ホントかどうか知らないが首都圏10代女子を中心に方言を使うのがブームらしい・・上級者になると各地方の方言をミックスさせた、いわばハイブリッド方言を使うらしい・・博多弁+北海道弁+沖縄弁をまぜて使ったり・・もう何がなにやら・・・。(なかには方言一覧、対訳ノートを制作し常時携帯している強者もいるらしい・・)しまいには「東京にも方言が欲しいよねー」などと言い出す始末・・。←皆さん、東京弁も方言ですが・・・。(ネタor捏造ブームかと思たが、chiの話によると・・確かに都内ではそういったブームがあるらしい・・)

各自どういうところでリアルな方言をゲトするかというと・・地方からの転校生からとか・・ ネット(チャット)とかで収集するらしい。んで、ワタクシの故郷、宮崎の方言も意外と人気らしい・・orz

続きを読む

ホーム > ブログトップ > なんでも博物学

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 6月 »
    M T W T F S S
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30