十人桃太郎のアーカイブ

水墨画の世界展に行って来た。

2005 年 3 月 22 日 23:13

05-03-21_13-46.jpg先日、ビチビチのスケジュールの合間を縫い、神奈川県は大船の鎌倉芸術館にて開催された水墨画の巨匠 小林東雲 先生 の個展に行って来た。今回は回顧展と名を打っているだけに、先生の手法の歴史や変換までもを垣間見ることができ、得した気分。小林東雲ワールドのクロニクルを無料で拝見させて頂いた次第。

更には、会場にて先生の奥様やお嬢様ともお会いし・・お嬢様などは、一目見た瞬間に「ひょっとして、しげっトちゃん?」などと気付いた様子・・流石に子供は勘が良い・・ノンアポで行ったのに、何故解ったかは不明・・更には「これ、しげっトちゃんにあげる〜」っと、ガムやら飴やら、リラックマのストラップやらを貰った・・←私がリラックマファンであることまで知っているお嬢様・・orz

更に更に更には、生まれ持ってのお喋り気質の私を、真っ向から喋りで圧倒する同先生・・その背後にはド迫力の作品群もあり、正に不動なる山の如し・・数時間の会談後、帰りしなに鎌倉ハムを買って帰路に着く。やはり達人の描く絵は、その一枚に確かなる生の営みがあり、それに至った心情や歴史もあり、物語がある。観る者の心を揺り動かす。しっかりと目の保養をさせて頂いた次第。僅かな時間に一時の安らぎを頂いた次第。

会談中に次回作『十人桃太郎』の打ち合わせもし、さて、後は製作に着手するのみ・・おっと、その前に、アレとコレをやって・・っというワケで、東雲 先生に題字、その他をご提供頂くFlash アニメーション『十人桃太郎』、夏〜秋に公開予定。乞うご期待!ドーンといきますよ。

覚え書き

2005 年 3 月 19 日 04:01

1.今春公開予定の『キミとボク extended edition』は名前が長いし、読み難いので変更する。

2.↑で、キミとボク関連は一応終了と考えてましたが、先週あたりのプチ充電期間中に絵本版の構想が纏まったので、やっぱ創ることにした。発表形態として、Webでやるのか、その名のとおり出版でやるかは検討中。完成時期、その他一切未定。映像(画像?)、物語視点他は全て別物。↑↓との兼ね合いもあることだし・・。↓に合併吸収される可能性もある・・・かも知らん。

3.キミとボク 2(仮)の題名は『此処より永久に(ココトワ)』に、一応決定。連作形式で2〜3部構成になる予定。銀王が何部に出るかは検討中(割り振り中)。銀王以外のニャンコも登場予定。主人公名は英語版のプロローグ後半の表札にもあるように『山木』。1作目は今秋〜冬公開。

4.キミとボク DVDプレゼント追加募集要領入りのメルマガ発行は来週末に延期。

5.『キミとボク extended edition』公開後、『十人桃太郎』製作に着手。公開は夏・・←無理?(その間に、なんか小作品を創る。TFCもせめて季刊で定期的に製作したい・・ガガリンシリーズとか・・←無理?)

と、いうワケで・・大きな流れとして、『キミとボク extended edition』→『十人桃太郎』→『此処より永久に:第一話』の順に製作。合間に小作品をいくつか・・。2005年度、2ndクォーター〜4thクォーターの予定。・・キミとボク絵本版はどこで創るのかといえば・・・どうしょう・・・。早くも行き詰まる年度末の連休休み無し。 続くのか?モチベイション。

小林東雲 水墨画の世界展のお知らせ

2005 年 3 月 7 日 15:49

今夏〜秋公開予定のFlash animation『十人桃太郎』で題字等をご提供頂いている水墨画の巨匠 小林東雲 先生 の個展が行われます。開催場所や期間は下記のとおりです。本物の迫力に直接触れるチャンスです。皆様、お誘い合わせのうえ是非ご来場下さい。オススメです。

【小林東雲 水墨画の世界】
・開催場所:鎌倉芸術館
・開催日時:3月17日〜21日(10時30分開場、初日は午後1時開場)

十人桃太郎原本

2005 年 1 月 4 日 14:05

水墨画の巨匠 小林東雲先生より次期Flashアニメーション『十人桃太郎』用のロゴや図案の原本詰め合わせが到着しました。実物は迫力が違います&こちらまで、大いに創作意欲を掻き立てられます。感謝。尚、東京は蒲田の東雲ビルにて1月4〜11日まで東雲先生のアトリエ展が開催されます。本物を間近に鑑賞出来るチャンスです。御用とお急ぎでない方は是非立ち寄ってみて下さい。

『十人桃太郎』は曲に関しても、非常に刺激的な出会いがあり(現時点では、演奏者は極秘)。楽曲からの強いアプローチも、また、より良い作品創りへの想像力を掻き立てられ、そういった方々の自分の作品への拘りや主張、心遣い、そして作品を観てくれる皆様の作品への期待や励ましがボク自身の創作へのモチベイションと一体となり、より良い作品へと昇華するのだと思います。良き理解者であり、友人でもあり、またライバルでもある方々に恵まれ、ボク自身も一歩も引かない構えで望まねば押し潰されてしまいます。心して創らねば・・・。


新年ご挨拶グリーティングカードや沢山のお祝いの言葉、感謝です。時間が足らず返事もままならない状態ですが、全てに有り難く目を通させて頂いております。いつも気遣いありがとう。作品にてご恩返しができるべく頑張ります。一昨年、昨年と自己への迷いや問い、いわば手法への模索と確立やプライベートでのアレコレもありと遅筆となっておりましたが、今年は沢山の作品を創りますよー。ドーンとやりますよ。と、いうわけで今年も応援宜しくです。

今後のキミとボクと十人桃太郎

2004 年 12 月 19 日 10:30

来週より英語版翻訳の手直しが始まると同時に、ワタクシもそっち関連で動き始めるというか・・スケジュールの都合上、十人桃太郎の製作を停止して、英語版、extended editionと一気にやっちまう可能性大というか・・・・う〜む、どうにもスケジュールの調整が上手くいっていないのかも知れない・・。っていうか、ワタクシの脳内でイマイチ整理整頓出来ていないというか・・。皆様までも混乱させてしまい真に申し訳なく・・。

続きを読む

ホーム > ブログトップ > 十人桃太郎

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 9月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30