キミとボクのアーカイブ

金丸淳一さんと琳甜とユーリーとアプティーとユーリー

2010 年 7 月 12 日 08:18

先般、ご縁あり、ベテラン声優の金丸淳一さんとお会いして、色々とためになる話を承りつつ、その甘い声を肴にワインをガブ呑みししたたかに酔っぱらい、調子に乗ってソニック・ザ・ヘッジホッグに絡む。その際に須王銀太@ママレード・ボーイ、風見ハヤト@サイバーフォーミュラ秘蔵の愛猫のポストカードを頂戴した。「Swiper, no swiping!」×3(大事なことなので3回言ったよbyドーラ)「Oh, mannn!」スワイパー最高ー!…すいません、まだ酔ってます。

しまった!一緒に「ほんのり~サジカゲンんー」と言うのを忘れた!!

7月13日 追記
金丸さんの愛猫『琳甜(リンテン)』の画像を頂戴しました。名前の由来は、琳「綺麗な音で鳴るさま」を表し、甜「優しく程よく甘い」という意味だそうです。名前負けしない子。

Thanks a lot.

12年

2010 年 7 月 11 日 11:00

細かい話ですが、『キミとボク Ver.1』の冒頭では「さんねんまえの…」となっていたところをバージョンアップする際に「ずっとむかしの…」に変更。当時はなんとなく違和感があったけど、今となってはそのほうがしっくりくるかな…自分の中では『ずっと=不変』という意味もあり、生涯のキーワードの一つでもあり…ってなわけで物事はリアルタイムに進行中。変わらないのは己の中身だけ(笑)そして12年が経ちました。ずっとずっと昔のお話だけどもつい最近のことのような気もします。

今年も沢山のメールありがとう御座いました。

22年目の七夕

2010 年 7 月 7 日 10:37

銀王とバステトにとても似ているので思わずペアで購入した陶器製のウォールプラーク(壁飾り:Wall Plaques)。大きさはだいたい10cm四方でライフサイズ(笑)ウェルカムボードとして玄関辺りに掛けようかとも思ったけど、そこだとなんとなく淋しいし…などと迷ってるうちに、部屋でも一番目に付く場所、銀王の遺影前の猫グッズ置き場(←アメショとアビシニアン限定)が定位置になってしまい、ウォールプラークとしての意味は成していない。(バステトって誰よ?って人は小池書院版『キミとボク』に掲載されている『その後のキミとボク』を読んでね)

22年目。来年は『キミとボク』公開から10年が経つのか…。

まんまるねこ:まんまるどうぶつ

2010 年 3 月 11 日 07:39

タカラトミーアーツのガチャポン『まんまるねこ』。アメショを引き当てるのに苦労しましたです…ネットで全種セット買った方が安いのだが…男は黙って回すのだ!目的のブツが出るまで!!

肛門(良い色)&肉球(良い色)も露わな恥ずかしいM字開脚ポーズ(全員)に企画者&制作者の深い拘りというか執念が感じられる。造形は長毛、短毛、スコテッシュの3種。塗り7種の全7種。シクレ無し。

後ろからの画像。

アメリカンショートヘアー・シルバータビーの特徴でもある脇腹のぐるぐる模様(ターゲットマーク)もなかなか良い感じに塗れてます。これで、アメショの目の色がブルー以外もあったり(自分で塗り替えろってか)、日本猫の短尾な造形もあれば更に良かったのですが…第二弾に期待。

ちなみに、まんまるどうぶつシリーズには『まんまるいぬ』も存在します。

我思う:集い花

2009 年 7 月 12 日 04:45

本当は昨日エントリーする予定だったのですが、体調を崩し、一日寝込んでました。(ドラクエIXをやってたわけではないです)今年も七夕から11日まで沢山のメールを頂戴し心より感謝。今年はそんな感謝の気持ちの『我思う』。頂いたメールには少しずつ返信していきますので今暫くお待ち下さい。

ホーム > ブログトップ > キミとボク

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2017 年 5月 »
    M T W T F S S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31