帰ってきた日々是好日のアーカイブ

立て籠もり:川越:小仙波〜南古谷

2008 年 6 月 3 日 21:48

本日、立て籠もり事件のあった埼玉県川越市でありますが、もろ地元というか、事件の余波で嫁のchiコロの通っていた学校が休校になってたりしてたみたいで、川越市の東側は広大な田園地帯が広がってたりして、ある意味、風光明媚な場所なんですが・・流星群なんかの時も田んぼの真ん中からだと良く見えるし・・・ザリガニとかも一杯いるし・・chiコロが子供の頃(20年くらい前)まではホタルなんかも沢山いたらしい・・って何の話題か解らなくなりましたので、今回はそこら辺近辺の画像をいくつか紹介(撮影時期はばらばらっス)・・・それにしても、主犯の人・・トカレフやらペンシル型やらで計三丁も準備してたのか・・危ねぇなぁ・・・。

立て籠もり事件の発端となった小仙波(こせんば)辺り。

カルガモ横断中、両車線は大渋滞中(ワラ)。この時は、渋滞先頭の軽トラに乗ったおっちゃんが交通整理係だった。

立て籠もりがあった南古谷の久下戸って所にある奥貫家 長屋門。川越市景観百選。TVのロケなどにも使われたりする。

昔は、藁葺きだったらしい・・川越市指定文化財なんだから藁葺きに戻してくだしあ。chiコロが小学校の頃のスケッチ大会はここだったらしい。

田園。

こういった風景があちこちにある。武蔵野の原風景って感じ。それにしても、空が広いなぁ・・仕事で都内に行くことも多いけど、住むのはやっぱ川越だなぁ・・・新宿や池袋から電車で1時間弱でこの風景。都内の世田谷から埼玉に引っ越してきた頃は何となく不便も感じたけけど、もう都内には住めません。天気が良い日は富士山も見える・・世田谷辺りからも富士山は見えるけどね(下北沢近辺だと小田急線の世田谷代田踏切辺りが眺めが良かった記憶あり。上野毛の坂からの眺めも良かった気がする・・上野毛駅前にある『アンクルサムズ サンドウィッチ』サンドウィッチも旨かったけど、金曜日限定のカレーが旨かった・・・・・昔は毎日のように通ってたけど、今もあんのかな?・・あの頃はいつもビールがぶ呑みして居酒屋状態にしてごめんなさい、おばちゃん元気?・・・あっ!余談が長すぐる)。

別の日の空。

画像中央右にある尖った山が何という名前なのか知らないけど、いつも気になる・・んだけど、未だに調べてない。また今度。

超巨大な光輪。

以前のエントリーで紹介した『光芒』もそうだけど・・場合によっちゃこんな奇跡のような風景が拝める。

なんとなく『ウルトラセブン』っぽい風景。

廃土置き場なので遊べません。

ちなみに、以前のエントリーで紹介した『ほろ祭り(ほろかけ祭り)』も古谷地区のお祭り。

関東地方は梅雨入りしたばかりだけど・・夏が待ち遠しいなぁ・・・・。おっと、その前にお仕事&作品製作っと。

病人食:あんかけご飯

2008 年 6 月 2 日 08:27

鶏の挽肉とささみの賽の目切り、ちぎり豆腐(絹ごし)、長ネギ小口切り、きざみしいたけ、グリーンピースの入ったあんにすりおろしたショウガをたっぷり乗っけた和風あんかけご飯。適度なボリューム、消化も良く、弱ったお腹にもすっと入っていく。体調が悪い時、お粥さんじゃちょっと物足りないっていうか、それじゃ力が出ないんで、我が家では風邪をひいた時の定番病人食。見た目は無骨だけど、実にまろやか。旨い。

数年前、嫁のchiコロがどこかのレシピを真似て作るようになったんだけど、色々改良され今のオリジナルレシピに至る。(俺は、グリーンピースが入るべき料理に入ってないと機嫌が悪くなるんだい!)

・・・これ喰ってるってことは体調が悪いってこと。

動物に追われる女

2008 年 5 月 29 日 09:40

前回のエントリーで余談として少々触れた嫁のchiコロがガチョウに追い掛け回されている時の画像を発見しましたのでうp。2002年撮影。

最初は1羽だけだったのにいつの間にか3羽に追われていた。(←chiコロが)

↓こいつがボス。

ワタクシが近寄っても無反応。こいつの視線の先にはchiコロが・・(←まだ狙ってる)逃げてぇ〜!

こちらは謎の生物に集(たか)られるの図。(←chiコロが)

こいつらは『マーラ』という齧歯類(カピバラなどと同じくネズミの一種)。

ちなみに、大分県にある高崎山では猿に携帯ストラップ(UFOキャッチヤーで獲ったバナナ型)をもぎ取られたことがある(←chiコロが)。森とか藪を歩くと一人だけ蚊に集られる・・立ち止まらずに歩いただけで数カ所刺されている(←chiコロが)


ドライカレーをホットサンド化

2008 年 4 月 13 日 03:33

『ドライカレー』話の続きですが、前回も話したように極々偶にしか作らないので、作る場合には思いっ切り超大量に作る→1〜2日目はご飯に乗っけて食べる→3日目辺りは食パンに挟んで食べるというサイクルで食べ尽くします。ドライカレー自体がカレーパンの中身みたいなものなんで、パンとの相性も大変良い・・ってことで今回は、それをホットサンド化してみた。使用したのは最強のホットサンドメーカー『Vitantonio(ビタントニオ)』のバラエティーサンドベーカー『PWS-1000』(←ココの方がアマゾンよりかなり安い)・・うわーぁあああああああああーーーーウメーウメーウメー。

余談ですが、ワタクシの心のカレーパン・不動の第1位は下北沢の『アンゼリカ』(下北に住んでいた頃は週に一回くらい食べてた。今でも下北に立ち寄った時は必ず買う。最近行ってないんで味がどうなってるかは不明。練乳が入ったパンもお奨め。他は普通←私見)ですが・・それに匹敵する旨さ!・・つーか完全に超えたな!ドライカレーホットサンド(゚Д゚)ウマー

ちなみに、何でホットサンドメーカーを買ったかというと、 お正月辺りにchiコロの実家が餅つきするんですが、そん時、お餅を大量に頂くわけです。お雑煮とかだけだと飽きてしまうので、モッフル化(Moffle:お餅をホットサンドメーカーやワッフルメーカーで焼いたもの)するためだったりします。(本体がホワイトではなくピンクなのは限定カラーだからです。ハート型のタルトレットプレートが付いてた。)以降、ホットサンドやワッフル作りにも大活躍!・・ワタクシが一人でお留守番の時には・・・chiコロがサンドイッチを作り置き→お腹が空いたらホットサンドにして食べる→一人で・・ってなわけで、お留守番用にも最適っ!

ドライカレーを食べ尽くしてしまった・・また当分の間、食べられない・・。

ドライカレーとフードプロセッサー&食器

2008 年 4 月 11 日 02:15

我が家では『ドライカレー』を極々偶に食べます。もぅ、旨いってもんじゃない。『カレー+野菜の甘み+ご飯』で旨い!旨過ぐる!・・もぅ大好き。しかもヘルシー。一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いっ!なのに、何で極々偶になのか?と言いますと、見た目のシンプルさとは裏腹に、完成させるまでに時間が掛かり過ぎるってのが原因。ドライカレーってのは、合い挽き肉の他に野菜を大量に使いまして・・我が家の場合、タマネギ大3玉、ニンジン大3本、ピーマン6個、セロリ4本(←このセロリの隠し味が決め手。絶対必要)を使用し、それらの野菜を全てみじん切りにするのに約1時間。それから調理に入るわけですが、その際、大量に出る野菜の水分を飛ばさなければならない・・勿論、カレー系の料理なんで焦げ易い・・・油断してると焦げ付いてしまう・・焦げたカレーの不味さといったら酷いもの・・喰えたもんじゃない・・ってなわけで、完成するまでに数時間を要するわけですが、その間、付きっきりになってしまう・・調理に膨大な時間を要しますので、他のことに時間が割けない・・ってなわけでドライカレー大好きなんだけど、めったに食べれない・・。

んじゃ、外食でドライカレーを食べれば良いんじゃね?と思う方々もいらっしゃると思いますが・・勿論、外食でドライカレーを食べたことは何度もありますが、自家製に匹敵するドライカレーは今んとこないと・・余所でこの味は出ないとの結論→自家製ドライカレー最強とワタクシは思っとりますんで・・それに、野菜を含めた各種材料も国産や地穫れで外国産よりは安心だし♪無論、作るのは嫁のchiコロ。・・本人は料理が大好きなんで、特に不満もなく嬉々として調理しているわけですが、その調理している姿を見ていて、流石に気の毒になり&もっと手軽に自家製ドライカレーを食べられないものか?と考えた結果・・「ならお前が協力すればいいいんじゃね?」との考えもあり、ワタクシとしてはそれで無問題なんですが、chiコロ曰く「料理はワタヒでも出来るから、しげっトちゃんはしげっトちゃんにしか出来ないことをやって下さい。」との有り難い言葉を頂戴したり、「こんなことで消耗して作品や仕事に支障があったら、ワタヒ困るから、そっち頑張って下さい。」なんて叱咤激励みたいなことを言われてはワタクシとしてはぐうのねも出ないというか反論の余地もないわけで、それらの言葉や気持ちを有り難く(話が変な方向に逸れてきましたので中略)ちなみに、chiコロは「食べたいものがあったら何でも言ってね」などと甘い言葉を囁くわけですが、無論、以前のエントリーで紹介したドリア・・は超ハイカロリーなんで自粛してたりしますが、ドライカレーならばヘルシーだし、前途したように、ワタクシとしては一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いんですが、やはり調理時間や手間を考えると、気軽にリクエストするには気が引け(まだ逸れてますので中略)そんな感じで甘やかされておるわけで(まだ逸れてます)

閑話休題。(↓ここら辺は数年前の話です)
兎に角、もう少し調理時間を短縮出来ぬものか?と考えた末、数千円の手動フードプロセッサーを買ってみたりしたんだけど全然使えねーーーってことで安物買いの銭失いなる日々・・そんな明け暮れ(略)・・そこで高性能なフードプロセッサーはないものか?と色々調べた結果、国内有名家電メーカーのは大量の野菜を刻んだりするには小さい&パワー不足&あんまり使えないという結論に達しまして、ハイパワー&大量消費ならアメリカだろってことで更に色々調べたら、結局、フードプロセッサーの王道『Cuisinart(クイジナート)』に辿り着いたわけですが(あー昔、ジャンク屋やガレージセールとかで中古を見たことあるわ・・などと思った)、これがもの凄げー使えるやつで、大量の野菜のみじん切りなんて朝飯前、挽肉までブロック肉から簡単に出来てしまうんで、ドライカレー自体が更に進化&超絶(゚Д゚)ウマーになった次第。ちなみに我が家で使っているのは『DFP-7JBS』というブラッシュステンレスのやつですが、外観に拘らなければ、それより少し安いプラスチック製のクラシックシリーズ『DLC-10PLUS』ってのもあります(機能は両方同じ)。超使えますんでお奨め。

画像のご飯が黄色いっぽい&何か豆とか入ってるのは、我が家のお米は『玄米+五穀米』がデフォだからです。ちなみに、カレー皿は『リラックマ』・・サイドは『OLD PYREX』やら『FIRE KING』やら・・まだ古い食器のデッドストックが安かった頃にeBayやらあちこちの雑貨屋でコツコツ集めたもの。(現在はコンデションの良い古い食器少なくなってきたし、価格が高騰し過ぎたので全く買いませんが←常用出来る値段じゃない・・昔は、食器自体はフルセットでも安かった。。重いんで個人輸入すると送料は高かったけど・・日本で買うよりは珍しいブツが沢山あった)

【参考リンク】
Cuisinart の日本総代理店:クイジナートサンエイ(レシピや使い方のページがあります)
楽天で通販出来るとこ。(今んとこココが最安かも)

ホーム > ブログトップ > 帰ってきた日々是好日

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 6月 »
    M T W T F S S
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30