食物&飲物のアーカイブ

UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)

2008 年 2 月 6 日 06:53

ラーメン専門誌や各種メディアなどにも頻繁に取り上げられる川越の超有名ラーメン店『頑者(ガンジャ)』の系列店『UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)』の紹介。オープン当初はその実験的、攻撃&挑発的?なメニュー群に加え、アクセスの悪さから一部のラヲタからは不評でしたが、昨年『辛みそらーめん』→『辛肉もりそば』と立て続けに新メニューを投入、ラインナップが充実してきましたです。各ラーメンの紹介は左画像参照(サムネイルをクリックすると大きな画像が開きます)。

●UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)
場所:埼玉県川越市今成3-15-8(旧『ガンジャ』のずっと奥地)
TEL:非公開
営業時間:11:30〜14:30、17:30〜21:30
定休日:日曜日
備考:駐車場有り

らぁめん ほりうち:旧 満来

2008 年 1 月 19 日 10:10

個人的に新宿でつけ麺&ラーメンといえば迷わずここの『満来』、手打ち平麺(柔らかめ)と巨大なチャーシュー(柔らかめ)が特徴の素朴な味わい。新宿西口なのでお昼時は働くサラリーマンで大行列です。ラヲタには不人気っぽいですが、ワタクシはここのダラダラとコシのない平打ち麺としょっぱめのつけ汁がクセになっているのです・・値段は昔っから高めですが・・・というわけで、かれこれ15年くらい(20年くらいかも知れないが記憶が定かでない)の贔屓店だったのです・・が・・が2007年夏に閉店・・・えーーーーーーっ!っと思ったら数件隣に『らぁめん ほりうち』として新装オープンしていたので一安心。味も変わってないうえに、お店が綺麗になったので?女性一人のお客さんもちらほらと見掛けましたです。

ところで、このお店は餃子もないのにテーブルにお酢が置いてあります。何故か?この店ではラーメンやつけ麺のつけ汁にお酢を入れて食べるのがデフォなのですねー(つけ汁にお酢を入れると『池袋 大勝軒』のつけ汁っぽくなる感じがします)。ワタクシは『チャーシューざるらあめん』(略して『チャーざる』)にお酢を入れずに胡椒を入れますが・・。ちなみに巨大チャーシューで有名な『チャーシューらあめん』は14時からの限定50食メニューになってました。ワタクシはこの『チャーシューらあめん』との対決は3勝2敗の勝ち越し・・・っていうか2回は食べきれずに残した経験あり・・。

●らぁめん ほりうち:旧 満来
場所:東京都新宿区西新宿1-4-7
営業時間:月-金:10:00〜21:00 土:10:00〜20:00
(平日の昼時をハズせば行列無しで食べられます)
定休日:日祝第2、4土曜日

藤店(ふじだな)うどん

2007 年 8 月 25 日 00:35

埼玉にこの店あり!の『藤店(ふじだな)うどん』。『武蔵野うどん』(←広義的に)というつけ麺タイプの一風変わったうどんです。程良いコシと甘みのあるつけ汁でクセになる旨さ。麺は勿論、自家製手打ち麺。ワタクシは川越店の近所に住んでおりますので、最低でも月に3〜4回は食べております。オススメは何といっても『肉汁うどん』・・&サイドに『きんぴら』を注文するのが通ってもんだ!お腹に余裕があれば『小えび天盛り』も喰うべし!

ちなみに、うどんは並、中、大の三種類から選べますが、単に量の違いですので、通常は並で十分かと・・大なんて食べれる人いるんか?ってな物凄い量ですから・・大食いの人でも中で十分です。場所や営業時間は下記のとおりです。営業時間が短いのと日曜日は定休日というのが難点(←そんなわけで特に土曜日の込み具合は半端ないです)ですが、食べてみる価値ありの一店!余談ですが、川越店でうどんを打っている職人さんの正体は、混雑時に駐車場で車の誘導をしている親父さんです(←嫁のchiコロと仲良し)。

●藤店うどん:本店
場所:埼玉県さいたま市西区三橋6-14-7
営業時間:10:00〜15:00 日休(盆暮れ正月休みアリ)
●藤店うどん:川越店
場所:埼玉県川越市新宿町4-1-5
営業時間:10:00〜15:00 日休(盆暮れ正月休みアリ)
追記:川越店は2008年から祭日も定休日になりました。本店は未確認。
藤店うどん:楽天市場店
通販やってます。遠方の方は一度ご賞味あれ。
ホントに(゚Д゚)ウマー

入船&一力

2007 年 7 月 30 日 15:27

宮崎でうなぎといえば、やはり『入船(いりふね)』と『一力(いちりき)』が有名所。各界の著名人にもファンが多く、ホントに(゚Д゚)ウマー。個人的には、自分の生家に近い『一力』のうなぎを食べて育ったせいもあり、うなぎ=『一力』みたいな思い入れもありますが・・どちらも甲乙付けがたしの旨さ。

画像は、妹のひろんから暑中見舞いで頂戴した『入船』直送のうなぎの蒲焼き&嫁のchiコロ手製の『呉汁(ごじる)』(宮崎ではうなぎ+呉汁がデフォ)・・・ちなみに『入船』を訪れた際には店舗前にある南方神社の樹齢1000年を越える『上穂北のクス』も見とくとよろし。巨木マニアならずとも一見の価値あり。手前味噌ですがUNIVERSAL RADIO内のコンテンツ『我思う:其の八 千年古樹』の画像は『上穂北のクス』です。by 巨木マニア しげっト

●入船
宮崎県西都市南方3316-3
営業時間:11:00〜14:30、16:00〜20:00
定休日 第1・3火曜、第2・4日曜(祝日の場合は翌日休)
0983-43-0511

●一力
宮崎県宮崎市和知川原1丁目12
営業時間:11:00〜21:00
定休日:月曜日
0985-24-8964

じゃりパン&新カテゴリー

2007 年 5 月 7 日 20:32

近所のファミリーマートが閉店し、何かと不便になってしまったので、嫁のchiコロと「跡地にセブンイレブンが出来るとイイねー」などと話していたら・・・ホントにセブンイレブンが出来た(・∀・) なので様子見に行ったら、なんと!我が故郷『宮崎名物』の文字・・しかも『じゃりパン』・・・

あーそう言えば、宮崎在住の頃『じゃりパン』よく食べてたなー。中学校の売店でも売ってたよなー懐かしーなーーー・・しかし、『宮崎名物』というにはマイナー過ぎな感じもしますが・・・ちなみに宮崎で『じゃりパン』といえば『ミカエル堂』、『ミカエル堂』と言えば野球チームチームやサッカーチームが出来るくらいの兄弟多しの多頭飼いの大家族だった気がする・・その内1名はワタクシと同級生。というワケで宮崎にお越しの際は地鶏やチキン南蛮ばかりでなく、『ミカエル堂』の『じゃりパン』も宜しく。

ところで『じゃりパン』とは何ぞや?という皆様にここで解説、要はコッペパンにバタークリームをサンドしただけのシンプルな菓子パンなのですが、そのバタークリームの中にグラニュー糖がそのまんま入っており、ジャリジャリとした触感があるというのが特徴であります。関東圏のセブンイレブンには以前から似たような菓子パンが売られていた記憶があるのですが、東国原宮崎県知事に端を発した昨今の宮崎ブームに便乗し、今回『宮崎名物』と冠した感じ・・ここにも東国原知事効果が・・恐るべし!ネットで検索してみたらセブンイレブンのサイトにあったー!北海道を除く全国展開らしい。(イレブンのじゃりパンは『ミカエル堂』製ではないですが、味はだいたい同じような希ガス)

話は変わりますが、当日記『RECORD RADIO』に新たなカテゴリーを追加しました。
【いっちゃが宮崎】 我が故郷、宮崎関連の記事。
【なんでも博物学】 生物、その他、なんちゃって博物学。
以上、2つのカテゴリーを追加です。尚、各カテゴリーにはページ右の『Category Archives』からもアクセス可能です。どうぞ宜しく。

ホーム > ブログトップ > 食物&飲物

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2017 年 9月 »
    M T W T F S S
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30