食物&飲物のアーカイブ

ドライカレーとフードプロセッサー&食器

2008 年 4 月 11 日 02:15

我が家では『ドライカレー』を極々偶に食べます。もぅ、旨いってもんじゃない。『カレー+野菜の甘み+ご飯』で旨い!旨過ぐる!・・もぅ大好き。しかもヘルシー。一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いっ!なのに、何で極々偶になのか?と言いますと、見た目のシンプルさとは裏腹に、完成させるまでに時間が掛かり過ぎるってのが原因。ドライカレーってのは、合い挽き肉の他に野菜を大量に使いまして・・我が家の場合、タマネギ大3玉、ニンジン大3本、ピーマン6個、セロリ4本(←このセロリの隠し味が決め手。絶対必要)を使用し、それらの野菜を全てみじん切りにするのに約1時間。それから調理に入るわけですが、その際、大量に出る野菜の水分を飛ばさなければならない・・勿論、カレー系の料理なんで焦げ易い・・・油断してると焦げ付いてしまう・・焦げたカレーの不味さといったら酷いもの・・喰えたもんじゃない・・ってなわけで、完成するまでに数時間を要するわけですが、その間、付きっきりになってしまう・・調理に膨大な時間を要しますので、他のことに時間が割けない・・ってなわけでドライカレー大好きなんだけど、めったに食べれない・・。

んじゃ、外食でドライカレーを食べれば良いんじゃね?と思う方々もいらっしゃると思いますが・・勿論、外食でドライカレーを食べたことは何度もありますが、自家製に匹敵するドライカレーは今んとこないと・・余所でこの味は出ないとの結論→自家製ドライカレー最強とワタクシは思っとりますんで・・それに、野菜を含めた各種材料も国産や地穫れで外国産よりは安心だし♪無論、作るのは嫁のchiコロ。・・本人は料理が大好きなんで、特に不満もなく嬉々として調理しているわけですが、その調理している姿を見ていて、流石に気の毒になり&もっと手軽に自家製ドライカレーを食べられないものか?と考えた結果・・「ならお前が協力すればいいいんじゃね?」との考えもあり、ワタクシとしてはそれで無問題なんですが、chiコロ曰く「料理はワタヒでも出来るから、しげっトちゃんはしげっトちゃんにしか出来ないことをやって下さい。」との有り難い言葉を頂戴したり、「こんなことで消耗して作品や仕事に支障があったら、ワタヒ困るから、そっち頑張って下さい。」なんて叱咤激励みたいなことを言われてはワタクシとしてはぐうのねも出ないというか反論の余地もないわけで、それらの言葉や気持ちを有り難く(話が変な方向に逸れてきましたので中略)ちなみに、chiコロは「食べたいものがあったら何でも言ってね」などと甘い言葉を囁くわけですが、無論、以前のエントリーで紹介したドリア・・は超ハイカロリーなんで自粛してたりしますが、ドライカレーならばヘルシーだし、前途したように、ワタクシとしては一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いんですが、やはり調理時間や手間を考えると、気軽にリクエストするには気が引け(まだ逸れてますので中略)そんな感じで甘やかされておるわけで(まだ逸れてます)

閑話休題。(↓ここら辺は数年前の話です)
兎に角、もう少し調理時間を短縮出来ぬものか?と考えた末、数千円の手動フードプロセッサーを買ってみたりしたんだけど全然使えねーーーってことで安物買いの銭失いなる日々・・そんな明け暮れ(略)・・そこで高性能なフードプロセッサーはないものか?と色々調べた結果、国内有名家電メーカーのは大量の野菜を刻んだりするには小さい&パワー不足&あんまり使えないという結論に達しまして、ハイパワー&大量消費ならアメリカだろってことで更に色々調べたら、結局、フードプロセッサーの王道『Cuisinart(クイジナート)』に辿り着いたわけですが(あー昔、ジャンク屋やガレージセールとかで中古を見たことあるわ・・などと思った)、これがもの凄げー使えるやつで、大量の野菜のみじん切りなんて朝飯前、挽肉までブロック肉から簡単に出来てしまうんで、ドライカレー自体が更に進化&超絶(゚Д゚)ウマーになった次第。ちなみに我が家で使っているのは『DFP-7JBS』というブラッシュステンレスのやつですが、外観に拘らなければ、それより少し安いプラスチック製のクラシックシリーズ『DLC-10PLUS』ってのもあります(機能は両方同じ)。超使えますんでお奨め。

画像のご飯が黄色いっぽい&何か豆とか入ってるのは、我が家のお米は『玄米+五穀米』がデフォだからです。ちなみに、カレー皿は『リラックマ』・・サイドは『OLD PYREX』やら『FIRE KING』やら・・まだ古い食器のデッドストックが安かった頃にeBayやらあちこちの雑貨屋でコツコツ集めたもの。(現在はコンデションの良い古い食器少なくなってきたし、価格が高騰し過ぎたので全く買いませんが←常用出来る値段じゃない・・昔は、食器自体はフルセットでも安かった。。重いんで個人輸入すると送料は高かったけど・・日本で買うよりは珍しいブツが沢山あった)

【参考リンク】
Cuisinart の日本総代理店:クイジナートサンエイ(レシピや使い方のページがあります)
楽天で通販出来るとこ。(今んとこココが最安かも)

俺誕生日

2008 年 3 月 30 日 18:58

寝ても醒めても時は過ぎ、じっと手を見る、空仰ぐ、嗚呼、我が人生は貧乏暇無し年中お花畑。夢見る中年、中身は幼児、至って健康。ゲーセン通いは月イチ程度、預けメダルは減らず。最近は自転車を乗り廻して更にビールが旨く酒量が増え気味&煙草の量は少し減った。相変わらず、絵を描いたり、文字を書いたり、そんな境涯。基本はそんなとこ。

画像はイラストレーター兼、『URS LLC.』のマネージャー兼、『lamb-time 1000』のWebマスター兼、嫁のchiコロお手製。(発案俺)ケーキには目一杯の生クリーム&甘さを押さえる為のクリームチーズどーん。ドリアにはエビやら鶏ササミやらジャガイモやらチーズやら生クリームやら目一杯ブッ込んだ超スーパーハイカロリー糖尿めたぼ仕様(ドリアの皿の直径は25cmくらい&超特盛り)・・なので、旨いんだけどめったに食べないメニュー。・・喰ったら各自速やかに仕事に戻らにゃ間に合わぬ。

お誕生日祝いメールやらグリーティングカードやら頂戴致しまして、心より感謝。ありがとう御座いました。未だ、自らは一枚も出してない年賀状の返信(年始のご挨拶)すらしておらぬ薄情者ではありますが、頂戴した言葉やお気持ちはちゃんと憶えております故、このご恩は作品にてお返し出来れば幸い・・ってまだ創ってます・・・本当です。頑張りまっス。

Thanks a lot.
UNIVERSAL RADIO WebmasterURS代表 しげっト こと やまがらしげと

頑者(ガンジャ)

2008 年 2 月 25 日 01:30

頑者系列店 全4連載、最終回は本家『頑者(ガンジャ)』の紹介。過去に、このブログ古い日記などでも紹介した記憶があるので今更感もありますが、『UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)』や『ラーメン ひかり&光』等の系列店を紹介しておきながら本家のエントリーがなければ座りが悪い気もしますので・・・っていうか、そういった関係もあり『頑者(ガンジャ)』の行列に並んだのですが、久々に食したつけめんは、つけ汁に入っている魚粉のザラザラ感がなりを潜め、チャーシューもほぐしではなくなっており、以前と比べるとやや垢抜けたというか洗練されたというかインパクト的には弱くなったというか単なるブレなのか・・ってな感じがしましたが、やはり旨かった。ちなみに、ここが『太麺+豚骨&魚介ダブルスープ魚粉入り』という現在では王道主流つけめんの流行を作った店です。(最初期の『頑者(ガンジャ)』の汁は、魚粉ではなく鰹節が沢山降り掛かっていた記憶がありますが定かではではありませんが、chiコロも憶えていたので間違いない・・たぶん)

さて、この『頑者(ガンジャ)』というお店、お客さんをロットごとに総入れ替えする営業形態のため、その1ロット内に一人でも食べるのが遅い人がいると、その人が食べ終えるまで次のお客さんを入れないという・・最後の一人が食べ終わるまで絶対に次に並んでいるお客さんは入店させないと・・店主は寡黙で一見コワモテだし(←実は大人しいだけというかツンデレなんですが)・・食べてる方も、並んでるお客さんも困った事態になってしまったり・・(偶に、食べるのが極端に遅いお客さんをカウンター隅に居残りさせつつ、次のロットのお客さんを入れる場合もありますが・・ワラ)・・そんなわけで、旨いんだけど食べるのが遅い人には何かの罰ゲームな感もあるため、食べるのがスットロいchiコロは「ワタヒはどうせ最後まで居残りで並んでるみんなに迷惑かけるから留守番してる〜」などと、あんまりこの店には行きたがらなかったり・・と、いうわけで、今回の画像は一人分、例によって辛いの・・ワタクシがいつも注文する『辛つけあつ大盛りチャーシュー』の紹介。(サムネイルをクリックすると大きな画像が開きます)

●頑者(ガンジャ)
場所:埼玉県川越市新富町1-1-8(西武新宿線『本川越駅』正面)
TEL:049-226-1194
営業時間:11:30〜16:30(スープ切れで終了:1stロット狙いか15時以降が行列少な目です。)
定休日:日
備考:駐車場無し(近くに有料パーキングがイッパイあります。若しくは『本川越PePe(2100円以上で2時間無料。無印良品やLIBROあり)』か『丸広百貨店(2000円で2時間無料。別館にある紀伊国屋書店やソフマップ、ユニクロ、アフタヌーンティー利用でもおkなので汎用性あり)』の駐車場を使い該当店舗で規定金額分の買い物をして無料駐車にするか?です)

ラーメン 光

2008 年 2 月 20 日 22:52

前回のエントリー『ラーメン ひかり』の夜の部『ラーメン 光』の紹介。なんでエントリーを二回に分けたかといいますと・・メニューが全く違うワケでありまして、インパクト大の昼の部と較べると地味な印象がありますが、個人的には夜の部の方が味覚的に好きです。特に麺が旨い!流石、製麺屋っ!っという感じであります。また、『川越工業団地』内勤務の働くおじさん達は帰宅してしまっているため、行列もなく楽々入店で比較的静かに食すことが出来るますので気楽です。ちなみにこのお店の店主は『頑者(ガンジャ)』店主の弟さんです。各つけ麺詳細は左画像参照(サムネイルをクリックすると別Windowで大きな画像が開きます)。

●ラーメン 光
場所:埼玉県川越市鹿飼1426−6
TEL:049-222-6039
営業時間:17:30〜21:00(昼の部『ラーメン ひかり』は前回のエントリー参照)
定休日:日祝
備考:駐車場有り

十万石まんじゅう
埼玉ローカルな『十万石まんじゅう』TVCM。(公式Webサイトへの直リンクには認証が必要っぽいのでGoogleの検索結果に飛びます。)

ラーメン ひかり

2008 年 2 月 14 日 21:00

2月6日のエントリーで紹介した『UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)』と同じく『頑者(ガンジャ)』の系列店、『ラーメン ひかり』の紹介。このお店は営業形態が一風変わっておりまして、店主が同じにも関わらず、昼夜で全く違ったメニュー(どちらもつけ麺、ラーメンがメイン)で二度お得・・というか、このお店のメニューを制覇するためには最低でも二度通わなければなりません。

と、いうわけで、今回は昼の部『ラーメン ひかり』の紹介(夜の部『ラーメン 光』は次回紹介致します)。川越の極北、はたらくおじさんの聖地『川越工業団地』に店開きしているだけあって、昼はガチムチなアニキ達(←その筋のお店ではないです。念のため)で大変混雑します。メインの客層がガテン系であるため、そのボリュームたるや喧嘩売ってんのか?なメガ&テラなんとか系でビジュアル的にもインパクト大のアグレッシヴかつマッシヴなメニュー展開。旨し。各つけ麺の紹介は左画像参照(サムネイルをクリックすると大きな画像が開きます)。

●ラーメン ひかり
場所:埼玉県川越市鹿飼1426−6(ひたすら『川越工業団地』を目指せ)
TEL:049-222-6039
営業時間:11:30〜14:30(夜の部『ラーメン 光』は次回紹介します)
定休日:日祝
備考:駐車場有り(っていうか車が無いと無理)

ホーム > ブログトップ > 食物&飲物

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2017 年 7月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31