自転車&ポタリングのアーカイブ

荒川の動植物 3:荒川CRでオケラを捕獲

2008 年 8 月 1 日 09:29

相変わらず、荒川CR(サイクリングロード)を早朝にトロトロ走っとるわけですが、この季節はCR上を横断する生物が多いので踏み潰さないように注意して走っております・・・ というか、珍しい動植物はいないか?と注意して走ってるという話もありますが・・・。ちなみに、荒川土手にある四角く囲ってる区画内に入ったり、区画内の植物を刈ったり、抜いたりしてはいけませんダメです。それらは希少種や絶滅危惧種であるため保護されている可能性があります。荒川には『エキサイゼリ(4月〜5月頃、開花)』とか『ナガボノシロワレモコウ(8月〜10月頃、開花)』やら他にも色々自生してるみたいっス。

さて、横断中の生物の中でも特に多いのは、ミミズ・・は、干からびて死んでるの多数。その他、カブトムシ・・死んでる・・。死んでない生物ナンバー1目撃例は、この季節だと毛虫やらダンゴムシ・・(亀や蛇も横断するとの報告あり:ワタクシはまだ見たことない)・・・他にも、偶に見掛けるレア生物として『オケラ』ってのがおりまして・・これが、なかなか捕獲&撮影出来ない。オケラは何度も目撃してるんですが、オケラ発見→急ブレーキ→後ろを振り返る→既に草むらに逃げ込んでしまい見付けられない・・というわけでオケラを探しつつ自転車で走る日々・・・そして昨日、やっとオケラを捕獲することに成功!やたー!\(^o^)/

=CAUTION(ご注意)=
今回はバッタやらコオロギが苦手な人は見ないほうが良いかもです。

というわけで、例によって荒川CR走行中、オケラ発見→急ブレーキ→ 後ろを振り返るもいない・・「またもや取り逃がしたかっ!無念っ!」しかし、今回はオケラがCR上を横断開始した直後だったので、UターンしないかぎりはCR上を横断し草むらに逃げ込む時間はないはず・・っと、注意深く探したら・・アスファルトの裂け目に隠れてやがった!(我が気配を感じたと言うか!?)・・ので、とっ捕まえた!

とっ捕まえた際、オケラの七つの必殺技の一つ茶色い体液(分泌液)をチョロっと出しやがった!・・無駄な抵抗っ!ワタシにその攻撃はきかん!!

下半身はコオロギ、 顔はハチや蟻、上半身は・・卵型で手はモグラというか、セミの幼虫というか・・全身が茶褐色の繊毛に覆われた複雑な形状の不思議な昆虫・・なにこれ?キマイラ(合成生物)?ってな感じなんだけど、愛嬌たっぷりで可愛らしい。手で包み込むと指の間を掘ろうとするのがくすぐったくも愛らしい。体長は3cmくらい。


散々 弄んだ つぶさに観察後、放流。長生きしろよ。

ちなみに、オケラの七つの必殺技・・というか、特徴として
1.穴を掘れる:シャベル状の上肢でぐんぐん掘り進む。
2.飛ぶ:羽自体は体躯と比較して小さいけど、一応飛べる。
3.泳ぐ:すいすい泳ぎます。繊毛には撥水効果があるので水に浮くんですよ。
4.鳴く:正確にはバッタやコオロギと同じく、羽をこすり合わせて鳴らしてるんですが・・所謂『ミミズの鳴き声』の正体はだいたいこいつ。ちなみに、微音ながらメスも鳴くらしい。『虫の音WORLD』のこのページで鳴き声が聴けます。
5.分泌液で防御する:自己防衛のために茶色い体液というか、糞みたいな体液を出すだけです・・防御力は1くらい(ワラ)
6.子育てする:バッタ目(直翅目)としては珍しい。
7.喰える:薬効があるらしく食用可。東南アジアとかはタガメの唐揚げとかを平気で喰うし、中華な人たちは好き嫌いないから・・アレか・・日本人でも『むしむしQ』の中の人なら余裕か・・余談ですが嫁のchiコロはイナゴまでなら食べれるらしい。

オケラSUGEEEEEEEEEEEEEEE!ちょーかっけー!ちょ〜やべ〜!!

・・・・・自分で書いといてなんですが、上記は必殺技ではなく所謂『オケラの七つ芸(中国では五技)』というもの。意味として、色んな芸を持ってるけど、どれも中途半端・・みたいな、いわば『器用貧乏』というか・・・いずれにせよ、卑下した感じの比喩的な表現。他にも『虫ケラ』や『おけら(一文無し)』など、オケラを語源とした言葉がいくつかありますが、どれも禄な言葉じゃない・・・オケラ・・・こんなに可愛いのに不憫なやつ・・・・。

荒川の動植物 2

2008 年 5 月 28 日 03:20

前回のエントリーで荒川沿い左岸(下流向かって左が左岸です)の『榎本牧場』にて休憩・・っていうかソフトクリーム(←本当はジェラート)の看板に吸い寄せられただけ・・ってなワケで前回の続きっス。

ロバ

榎本牧場のロバが柵の向こうっ側にいたので、呼び付けたのだがシカトされた。

ロバ

ロバ鳴き真似をしたら全員来た。むこうも負けじとけたたましく一鳴き。

チャボ

こいつらは呼び付けなくても来る。ソフトクリームのコーンをねだっているだけ。雄鳥が「クワァァアァァァァァァァ・・・ァァア」と鳴いていた・・なんで怒ってんの?

ストロベリーキャンドル(クリムゾンクローバー)

榎本牧場の横に群生。通常のクローバー(シロツメクサ)よりも四つ葉率が高い感じ。

ぬこ

草むらからぬこが覗いていたので呼び付けてみる。

ぬこ

ぬこが来た。2個来た。

ぬこ

育ちっぷりからして、生後8〜10ヶ月くらいか?

そういえば昔、深夜、徒歩帰宅中に知らないぬこが1名いたので呼び付けたら、生け垣やら塀の上から7名くらい飛び出してきてワラワラ寄ってきたのでびびった。更にそういえば昔、子供動物園みたいな所に行って柵の中に入ったら、大きなガチョウが嫁のchiコロを見付けたとたん、物凄い勢いでガアガア鳴きながら向かって来て(他にも人がいっぱいいるのに←ガチョウが←ピンポイントでchiコロだけを追い回す)chiコロもびびって全力で逃げたら、更に追い掛けてきて(←ガチョウが全力で)暫くそんな光景が続いて腹が痛くなるほどワロタ。chiコロは動物に追い掛けられ易い体質。ワタクシは動物を呼び付けるの得意。

県央ふれあいんぐロードwwwうはwwwwおkwwww夢がひろがりんぐ!!

VIPPERの・・す・・巣窟?

荒川の動植物編、一応終了。また画像が貯まったらパート3やります。

この日の走行距離:約41km(帰りはヘタレて電車輪行→実は迷子になったので北坂戸駅から電車に乗った→太郎右衛門橋から北坂戸って・・・どこをどう行けばそんなとこに・・→素晴らしい方向感覚→こりゃマジでGPSの導入を検討しないと遭難しる・・・→北坂戸の『焼肉やっちゃん』で2倍定食喰ったからおk)


荒川の動植物 1

2008 年 5 月 27 日 06:07

相変わらずロードやクロスにビュンビュン抜かれながら荒川サイクリングロード(荒サイ)をぶらぶら走っとるわけですが、何か生き物の鳴き声が聞こえたといや止まり、牛が放牧されてるといや止まり、変わった形の雲が流れてると思いや止まり、なんか見慣れぬ植物が群生してるといや止まりと、一向に先に進まず、しかも前回の自転車関連エントリーでは下流というか海を目指していた筈なのに何故か上流方面ばかり走り・・遡上し・・などと相変わらず前置きが長い。

キジ(雄)

繁殖期なんで土手のあちこちで「ケン、ケン」鳴いてるからこの時期が一番見付け易い。かなり用心深いんで写真を撮るのも一苦労。大きさはニワトリくらい。

キジ(雄)

別の個体。写真を撮ろうとじわじわと近付いていたら土手を車が通過した音に反応し逃走中の図。逃げ足は早い。この日は合計5羽のキジの鳴き声を聞いた(そのうち2羽を目視)。ちなみに、雌は季節を問わずウズラみたいな茶褐色。

ツバメ

『ホンダエアーポート』横の土手のツバメの群飛・・群飛というには数足らずかも知れないけど、数十羽が筒状に乱舞する光景は圧巻。恐らく巨大蚊柱でもあったのだろう・・。

ホルスタイン

荒川名物、牛の放牧。

ナナホシテントウの幼虫

こいつらの主食は害虫のアブラムシなんで、ナナホシテントウ自体は益虫の分類なんだけど、要は肉食なんで、共食いしたりすんだよな・・←特に幼虫な・・野蛮だよな・・。余談ですが、我が家の隣の庭にある枝垂れ梅の木にアブラムシが大量異常発生しておりまして、そいつらが塀を伝って我が家の庭にまで侵入しておりましたので、侵入経路にカビキラーやら数年前にスズメバチ駆除用に購入したハチ用殺虫剤を散布し寸断したのに、それを乗り越えて来てたんだけど、暫く放置していたら来なくなった・・暫くの間は寸断されたことにすら気付かなかったらしい・・・。

閑話休題。ナナホシテントウの幼虫など特に珍しくないのでコメント少な目にしようと思ったのにアブラムシの話に発展して無駄に文章が長くなる。ちなみに我が家の風呂場には体調数ミリの子供カタツムリが大量発生しましたので全員外に追い出したうえに進入経路であるタイルの裂け目をコーキング材で塞いだら来なくなったというか入れないので来れなくなった。この裂け目からは、他にもダンゴムシやナメクジやらゲジゲジやらが不法侵入していましたが全員来なくなったので一安心。←侵入者の連中をいちいち外に追い出すのは面倒だた・・偶に知らずに踏み潰してしまったりするし・・・・。

【追記】と思って油断していたら、この日の夜、風呂場にアシナガグモがいた!→嫁のchiコロが素手で掴んで庭に追い出した。

嫁のchiコロ。

愛車の『エヴァシオン アルミ』はいたって快調。改造費や備品は車体価格を軽ぅ〜く突破更新中。

次回に続く。


入間川CR(サイクリングロード)から荒川へ

2008 年 4 月 21 日 07:57

前回のエントリーの続きっス。起点とした初雁橋から若干の向かい風の中、菜の花の咲き乱れるCR(サイクリングロード)を抜け、入間大橋まで到着。入間川CR(正式名称:県道川越狭山自転車道線)はここが終点(起点?)。入サイオワタ\(^o^)/。ここから先は荒川CR(略して『荒サイ』)になります。

ぐるっと見渡すと、『Westpoint』のモトクロスコースが見えます。以前、メインWebサイトで、モトクロスをテーマにしたグラフィック・デザインを数点公開したので古くから当該Webサイトをご覧頂いてる記憶力の良い方々には若干 馴染みがあるかも。

そう言えば、入間川CR途中にラジコンカーのサーキットもあったので、そのドリフト具合に暫し見入る。昔、西武新宿線 本川越駅の近くに『ホビージャック』っていう模型屋さんがあって、いつの間にか閉店して何となく寂しいと思っていたら、店名を『Speed Way Pal』に変えて川沿いに移転してたのね・・詳しいことは知らないけど・・・。

更に余談ですが、その模型屋さんの旧店舗近くに『ロッククラフト』のスクールがオープンしたっぽい・・Webサイトを見てみると・・・・うわー!しまった!!オープニングイベントには、その筋では有名なクライマーな方々が何人か来たっぽい・・フリークライミングには昔から興味があるのでやってみたいんだけど、 デブってる現在は無理・・いずれ・・・・指先一つでダウンさぁ〜♪←なんか違う。

閑話休題。
こっから荒川CR・・・酷い向かい風・・多分、大したことない向かい風なんだろうけど、ワタクシら初心者としてはHP削られまくり・・ライフがゼロに近くなるも、泣こうが喚こうが誰も助けてくれるわけもなく、所謂、自業自得ちゅーやつであるからして・・自力帰還するのが当然。改めて体力不足を痛感した次第。ずっと俺のターンにするには体力増強は必須項目。

んなわけで、なんとか治水橋まで到着。画像は荒川の横を流れる『びん沼川』の夕暮れ。地元では『びん沼』の愛称で親しまれています。

ここら辺には川鵜を始め野鳥が沢山生息してます。スッポンが一杯居るしてるところもある・・らしい。ちなみに、びん沼川は一部のオカルトマニアの間で心霊スポットとしても有名・・たしかに、この川沿いを夜走るのは怖いかも・・・。この下流は桜堤なんかもあって賑やかなんだけど・・。(↓の画像のみ嫁のchiコロ撮影・・ワタクシは良い絵が撮れなかった・・猛省・・・それにしても、chiコロは生物の撮影になると執念を燃やす・・・)

【まとめ】
CRデビューの走行距離は『初雁橋→(2.0km)→雁見橋→(1.2km)→平塚橋→(2.1km)→落合橋→(1.5km)→釘無橋→(5.1km)→入間大橋→(4.5km)→上江橋→(4.6km)→治水橋』で小計21km+『川越水上公園周回』+『自宅までの行き帰り』の合計だいたい30kmくらい?

走行距離とか算出出来るサイクルコンピューター(略して『サイコン』)『ストラーダワイヤレス:CC-RD300W』ってのを買ったまま放置中、まだ取り付けていないので、詳しい距離は不明。ちなみに、このサイコンの通常カラーはブラックですが、限定カラーのホワイトもあります。限定品大好きなミーハーなワタクシが何故、通常カラーを買ったのか?って言いますと・・・ホワイトはキッチンタイマーみたいで、何かキッチンな違和感を感じたからであります。中身は一緒なんで好みの問題。 

まだまだ海は遠い・・・・。


入間川CR(サイクリングロード):初雁橋&川越水上公園

2008 年 4 月 20 日 02:33

入間川サイクリングロード(正式名称:県道川越狭山自転車道線)に行ってみた。まだサドルを交換してないので10km以上の遠出は、あんまりしたくないんだけど(←だいたい、何でも形から入る子=俺)、春の陽射し心地よく、何やら血が騒ぐので行ってみた。精神力と体力のなさには人一倍自信ありなので(その代わり、物欲と食欲には完全支配され済みな子=俺)、ヘタレたところを見られるのもアレなので一人で行っても構わないのだが、極度の方向音痴(行き慣れた駅ビルでも迷子になる子=俺)のうえに、4年くらい済んでる川越なのに未だに土地感のないワタクシとしては、生粋の川越地元民であり犬や伝書鳩並の帰巣本能とジャイロコンパスや軍用GPS並の方向感覚&現在位置測定能力を兼ね備えた総天然怪力女の嫁=chiコロ@好き嫌い無し=ノビルやイナゴも食べるに一緒に行ってもらうことにした。

まずは、我が家から入間川に行こうと思うが、まずはその手前に位置する『川越水上公園』に立ち寄りぐるぐる回ってみるテスツ。ここの池には未だかつて見たことないほどの超巨大な鯉がいたはずだが、 現在のワタクシは自転車にしか興味がないので鯉を見ないことにした。従って写真もない、悪しからず。ちなみに、この公園では『NDA(ナショナル・ディスクドッグ・アソシエーション)』『JCRC(日本サイクルレーシングクラブ協会)』の大会が行われたりもする。隔年夏には花火大会があったりもする。ここまで輪行で来る場合は、JR川越線の『西川越駅』か『川越駅(埼京線直結)』、東武東上線『川越駅』か『川越市駅』、西武新宿線『本川越』辺り、車なら関越の川越IC下車です。

公園の中をずんずん進んで行くと、公園西側に入間川の土手が見えますが、途中に10段くらいの階段があるので、公園から直接、自転車で土手に行くことは出来ません。階段はヘナチョコなので自転車を担いで登ればいいんですが、その土手の道はダートなので、あんまお奨めしない。この場は、ツール・ド・ジャパン川越ステージに参加したことを想定し公園内をぐるぐる回った後、その横道から初雁橋を目指すが得策。

画像は、水上公園から初雁橋への行きしなに公園裏で見つけた珍しい蔵。洋風建築風な珍品。何やら香ばしい。(ちなみに、香ばしい家並みはワタクシの大好物でして、それらの見学&撮影はライフワークの一つです。撮り貯めた写真も数知れませんが、諸事情により一般公開出来ないのが残念。尚、香ばしい町並み、特に昭和の高度成長期前後に建造された町並みが残っている場所をご存じの方、若しくは居住している方々、ご一報下さい。)

川越市は蔵造りの街としても有名で、古い蔵があちこちに点在しておりまして、観光用に保存されてる地域もありますが、普通の民家の庭先に立派な蔵があるのも珍しくないです。そんな川越にある一般的な蔵との比較画像。画像右が一般的な蔵、各種災害対策を施された重厚な造り。通風窓も耐火扉になっております。一方の画像左の今回発見した蔵との違いは一目瞭然。香ばしく育ったシュロの木が素敵なアクセント。

というわけで入間川の初雁橋に到着。画像右が水上公園〜狭山、入間市方面、左が荒川合流方面。

このまま進めば荒川CR(サイクリングロード)に合流・・する筈。目指すは海!いつかは辿り着く・・かも知れない。

以下、次回に続く。


ホーム > ブログトップ > 自転車&ポタリング

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2018 年 11月 »
    M T W T F S S
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30