エレファントカシマシ 新春ライブ2010:渋谷C.C.Lemon ホール(旧 渋谷公会堂)
2010 年 1 月 10 日 05:52

エレファントカシマシ 新春ライブ2010 2daysの1日目に参加して来ました。私の記憶によると、近年のエレファントカシマシ・ワンマンライブの前半(特に)は宮本に圧倒されてしまい、棒立ちで聴き入るお客さんが多かったような気がしますが、今回は終始大変な盛り上がりで、会場間違えたかと思うようなお祭り感みなぎった良いライブ。(また少し客層が変わりました?)宮本がMCで「みんな温かい」的なことを言っておりましたが、正にそんな感じで、お客さんも良い意味でノリノリ。みんな本当にこの日を待ち望み、楽しみにしてたんだなぁと…そんな会場の雰囲気になにやら自分も嬉しくなってしまい、素直に楽しめました。

(都合により中略)

今回のセットリスト(セットリストはエレファントカシマシ DBのライブレポート参照)や構成も個人的には秀逸で、ひとつのワンマンライブとしては、過去の代表曲やキャッチーな曲に頼らずとも、『STARTING OVER』『昇れる太陽』といった再始動後の今、目の前にある曲のみで十分に勝負出来ることを証明してみせた感じがします。もっとも、最後に演奏した『待つ男』は全身全霊を賭けた会心の一撃で、この曲としてはここまでの演奏は始めてみたかも…「おいおい、宮本大丈夫か?そこまで本気出したら消し炭になっちまうんじゃね?」などといらぬ心配をするくらいの気合いに圧倒されました…。

それにしても、メンバーや(移ろい易き)ファンを信頼し、限りなくフリーダムにのびのびと歌う宮本の姿に、それは以前、本人が盛んにアジっていた“勝ちに行く”ということでも、“どや顔”で尊大な姿でもないかも知れないけれど(結局ね、突き詰めていくと、そんなことはどうでも良くなるんだよね…ある種、些細なこと)、それでもやっとここまで来たというか、人間としても、ロック歌手としても、宮本は気力体力共にも充実しているように見えてとても嬉しいと同時に羨ましくも感じた。無論、私が勝手にエレカシ第三期と思っている『俺の道』から『 町を見下ろす丘』までの(腹を決めた)期間あっての今(第四期←勝手に思ってます)ということは当然としてもだ!紆余曲折ありてここまで辿り着き、ある種の境地に達した感のあるエレカシ、私はこれでいいと思う。このまま行けばいいと思う…いやさ、ドーンと生け!

以上、チラ裏。


  • http://record-radio.net/MT/archives/2010/01/_2010cclemon.php

ホーム > ブログトップ > エレファントカシマシ > エレファントカシマシ 新春ライブ2010:渋谷C.C.Lemon ホール(旧 渋谷公会堂)

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2010 年 1月 »
    M T W T F S S
            1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31