2008年4月のアーカイブ一覧

ドライカレーをホットサンド化

2008 年 4 月 13 日 03:33

『ドライカレー』話の続きですが、前回も話したように極々偶にしか作らないので、作る場合には思いっ切り超大量に作る→1〜2日目はご飯に乗っけて食べる→3日目辺りは食パンに挟んで食べるというサイクルで食べ尽くします。ドライカレー自体がカレーパンの中身みたいなものなんで、パンとの相性も大変良い・・ってことで今回は、それをホットサンド化してみた。使用したのは最強のホットサンドメーカー『Vitantonio(ビタントニオ)』のバラエティーサンドベーカー『PWS-1000』(←ココの方がアマゾンよりかなり安い)・・うわーぁあああああああああーーーーウメーウメーウメー。

余談ですが、ワタクシの心のカレーパン・不動の第1位は下北沢の『アンゼリカ』(下北に住んでいた頃は週に一回くらい食べてた。今でも下北に立ち寄った時は必ず買う。最近行ってないんで味がどうなってるかは不明。練乳が入ったパンもお奨め。他は普通←私見)ですが・・それに匹敵する旨さ!・・つーか完全に超えたな!ドライカレーホットサンド(゚Д゚)ウマー

ちなみに、何でホットサンドメーカーを買ったかというと、 お正月辺りにchiコロの実家が餅つきするんですが、そん時、お餅を大量に頂くわけです。お雑煮とかだけだと飽きてしまうので、モッフル化(Moffle:お餅をホットサンドメーカーやワッフルメーカーで焼いたもの)するためだったりします。(本体がホワイトではなくピンクなのは限定カラーだからです。ハート型のタルトレットプレートが付いてた。)以降、ホットサンドやワッフル作りにも大活躍!・・ワタクシが一人でお留守番の時には・・・chiコロがサンドイッチを作り置き→お腹が空いたらホットサンドにして食べる→一人で・・ってなわけで、お留守番用にも最適っ!

ドライカレーを食べ尽くしてしまった・・また当分の間、食べられない・・。

ドライカレーとフードプロセッサー&食器

2008 年 4 月 11 日 02:15

我が家では『ドライカレー』を極々偶に食べます。もぅ、旨いってもんじゃない。『カレー+野菜の甘み+ご飯』で旨い!旨過ぐる!・・もぅ大好き。しかもヘルシー。一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いっ!なのに、何で極々偶になのか?と言いますと、見た目のシンプルさとは裏腹に、完成させるまでに時間が掛かり過ぎるってのが原因。ドライカレーってのは、合い挽き肉の他に野菜を大量に使いまして・・我が家の場合、タマネギ大3玉、ニンジン大3本、ピーマン6個、セロリ4本(←このセロリの隠し味が決め手。絶対必要)を使用し、それらの野菜を全てみじん切りにするのに約1時間。それから調理に入るわけですが、その際、大量に出る野菜の水分を飛ばさなければならない・・勿論、カレー系の料理なんで焦げ易い・・・油断してると焦げ付いてしまう・・焦げたカレーの不味さといったら酷いもの・・喰えたもんじゃない・・ってなわけで、完成するまでに数時間を要するわけですが、その間、付きっきりになってしまう・・調理に膨大な時間を要しますので、他のことに時間が割けない・・ってなわけでドライカレー大好きなんだけど、めったに食べれない・・。

んじゃ、外食でドライカレーを食べれば良いんじゃね?と思う方々もいらっしゃると思いますが・・勿論、外食でドライカレーを食べたことは何度もありますが、自家製に匹敵するドライカレーは今んとこないと・・余所でこの味は出ないとの結論→自家製ドライカレー最強とワタクシは思っとりますんで・・それに、野菜を含めた各種材料も国産や地穫れで外国産よりは安心だし♪無論、作るのは嫁のchiコロ。・・本人は料理が大好きなんで、特に不満もなく嬉々として調理しているわけですが、その調理している姿を見ていて、流石に気の毒になり&もっと手軽に自家製ドライカレーを食べられないものか?と考えた結果・・「ならお前が協力すればいいいんじゃね?」との考えもあり、ワタクシとしてはそれで無問題なんですが、chiコロ曰く「料理はワタヒでも出来るから、しげっトちゃんはしげっトちゃんにしか出来ないことをやって下さい。」との有り難い言葉を頂戴したり、「こんなことで消耗して作品や仕事に支障があったら、ワタヒ困るから、そっち頑張って下さい。」なんて叱咤激励みたいなことを言われてはワタクシとしてはぐうのねも出ないというか反論の余地もないわけで、それらの言葉や気持ちを有り難く(話が変な方向に逸れてきましたので中略)ちなみに、chiコロは「食べたいものがあったら何でも言ってね」などと甘い言葉を囁くわけですが、無論、以前のエントリーで紹介したドリア・・は超ハイカロリーなんで自粛してたりしますが、ドライカレーならばヘルシーだし、前途したように、ワタクシとしては一ヶ月の半分くらいはドライカレーでも良いんですが、やはり調理時間や手間を考えると、気軽にリクエストするには気が引け(まだ逸れてますので中略)そんな感じで甘やかされておるわけで(まだ逸れてます)

閑話休題。(↓ここら辺は数年前の話です)
兎に角、もう少し調理時間を短縮出来ぬものか?と考えた末、数千円の手動フードプロセッサーを買ってみたりしたんだけど全然使えねーーーってことで安物買いの銭失いなる日々・・そんな明け暮れ(略)・・そこで高性能なフードプロセッサーはないものか?と色々調べた結果、国内有名家電メーカーのは大量の野菜を刻んだりするには小さい&パワー不足&あんまり使えないという結論に達しまして、ハイパワー&大量消費ならアメリカだろってことで更に色々調べたら、結局、フードプロセッサーの王道『Cuisinart(クイジナート)』に辿り着いたわけですが(あー昔、ジャンク屋やガレージセールとかで中古を見たことあるわ・・などと思った)、これがもの凄げー使えるやつで、大量の野菜のみじん切りなんて朝飯前、挽肉までブロック肉から簡単に出来てしまうんで、ドライカレー自体が更に進化&超絶(゚Д゚)ウマーになった次第。ちなみに我が家で使っているのは『DFP-7JBS』というブラッシュステンレスのやつですが、外観に拘らなければ、それより少し安いプラスチック製のクラシックシリーズ『DLC-10PLUS』ってのもあります(機能は両方同じ)。超使えますんでお奨め。

画像のご飯が黄色いっぽい&何か豆とか入ってるのは、我が家のお米は『玄米+五穀米』がデフォだからです。ちなみに、カレー皿は『リラックマ』・・サイドは『OLD PYREX』やら『FIRE KING』やら・・まだ古い食器のデッドストックが安かった頃にeBayやらあちこちの雑貨屋でコツコツ集めたもの。(現在はコンデションの良い古い食器少なくなってきたし、価格が高騰し過ぎたので全く買いませんが←常用出来る値段じゃない・・昔は、食器自体はフルセットでも安かった。。重いんで個人輸入すると送料は高かったけど・・日本で買うよりは珍しいブツが沢山あった)

【参考リンク】
Cuisinart の日本総代理店:クイジナートサンエイ(レシピや使い方のページがあります)
楽天で通販出来るとこ。(今んとこココが最安かも)

【バンザイペイント】時事問題【インハビタント】

2008 年 4 月 9 日 03:12

時事問題や政治批判、宗教、その他諸々のイデオロギーに関する己の心情を、ワタクシの仕事のような類のことをやってる者が公の場(公の場=この場合、ネット上ってことですが)・・兎に角、そんなイデオロギッシュな主義主張を宣い始めたら仕舞いだな・・などと思っておるわけですが・・(酒呑んで、そんな話ばかりしてしまい、後で後悔することは多々ありますが・・←しかも、思い込みだったり解釈が間違っていたり・・←被害者の皆様スイマセン。反省してます。)(ご飯食べながらTVのニュースとか観てると毎回ドタマに血が昇ったりしますが・・←嫁のchiコロすいません。)・・・兎に角、言いたいことがあるんなら、気合い入れて作品を創り、その中で述べるべきである・・などと勝手に思っておるわけですが・・無論、そういったイデオロギーを含んだストレートなメッセージ性のある作品を創る予定は今んトコありませんが・・・まぁ、偶に物の弾みでそれに似た類の調子外れなことを書いたりしちまうこともありますが、そこら辺は読まなかったことにして頂きまして・・わぁ・・また、前置き長っ・・。

つーわけで、いつものように少々話は逸れますが、ワタクシは好んで『Bonzaipaint(バンザイペイント)』というブランドの洋服を着たりします。そのブランドの昨年2007年の秋コレクションに世界各国の情勢をフィーチャリングした非常にメッセージ性(イデオロギー性)の高いシリーズがありまして、そん中に『FUNDAMENTAL HUMAN RIGHTS』(直訳すると『基本的人権』・・←この場合、どこぞの人権を笠に着たプロ市民や現実を直視しようともしないボンクラサヨク、明後日の方向を向いてるエセ人権&平和団体共が高らかに言う「人権」やらとは、全く意味が違いますな)というメッセージをプリントしたT-シャツがありますんで、今の時期でしたら長野方面にご旅行の際に着てみてはいかがでしょうか?若しくはスポーツ観戦に一着どっスか?その他、『The more you know,the less you need.』なんて意味深なメッセージをプリントしたT-シャツも御座いますんで南半球に有袋類を観察に出掛ける際には着てみてはいかかでしょうか?どちらもセール価格でお買得ですぜ。在庫希少。(個人的に2008年春夏コレクションはスルー予定。レター系はもうお腹イッパイなんで・・それと、タグのステッカーもダブりまくりなんで誰かトレードして下さい)

ちなみに、この『Bonzaipaint』というブランドですが、コンセプトは『Carrier』、直訳すると『運搬人』若しくは『運搬道具』みたいな意味であります。勿論、コンセプト自体もそのものズバリでして「着用者にBonzaipaintなメッセージを運ばせる」的な意味合いでありまして、そういったコンセプトを、もう10年以上続けており、その一風変わった素材やスポーティーかつ流行に捕らわれないデザインは、コアなファンに熱狂的に支持され続けています。ワタクシも、その一人(最近のエントリーで紹介した携帯電話に付けてる液晶拭きやスピーカー等にも痕跡あり)。リアル店舗だとオッシュマンズやBEAMS各店、恵比寿のフットステップ辺りで売ってたりします。BEAMS-Tにもあったな・・。(昔は目黒に直営店があった)レアなところでは、JOURNAL STANDARDとのコラボウオッチとか?

ところで、この『Bonzaipaint』というブランドのデザイナーさんは『立沢トオル』というその筋では有名な御方でして、その他にも『inhabitant(インハビタント)』というブランドのブランディング・ディレクターもやっております。・・こちらもワタクシが好んで着用するブランドなんですが・・自転車乗りにはWET&DRYな2気室メッセンジャーバッグが価格的にも機能的にも大変お奨め。自転車乗ってない人にも無論お奨め、でもやっぱ自転車乗りやマリンスポーツする方々にお奨め。名作バッグです(以前は2気室のデイパックもあって、それも大変使い易くて名作だったんだけど、今期はラインナップされてないっぽい)・・・そんで、この『inhabitant』の2008年春コレクションにはパンダ等、アジアンテイストな・・ある意味、今回のスポーツの祭典?に便乗?した感じのラインナップがあったりします。凡人のワタクシには、このアジアンコンセプトなデザインは前途したイデオロギー性の強いコレクションとは対極にあるコレクションだと感じまして、立沢氏にはそこら辺のことを聞いてみたいと思う次第。

は?ワタクシですか?二枚とも昨年秋に定価で買っちまったんで・・・まだ一度も袖を通してないんだけど・・ボチボチT-シャツの季節だし、荒川自転車道辺りでボイコットしてますんで見掛けたら宜しく。『inhabitant』のパンダパーカーも買ったよ♪

DAHON OEM:エヴァシオン アルミ

2008 年 4 月 8 日 13:03

自転車紹介の第2回目。今回はイラストレーター兼、『URS LLC.』のマネージャー兼、『lamb-time 1000』のWebマスター兼、嫁のchiコロの愛車『CBA(サイクルベースあさひ)』の『エヴァシオン アルミ License by DAHON』昨年から運行開始。この時点での追加、変更&改造点はグリップ『ERGON』の『パフォーマンスグリップ GP-1』、サドル『SELLE SMP』の『STRIKE TRK』『RIXEN & KAUL(リクセン&カウル)』の『エクステンダー アダプター CK810』ってところ。ちなみに、DAHONやBD-1等サドルポストが太い車種には別売りの36mm対応スチールバンドが必要。変更点の詳しい解説は後日、このページにて。

『エヴァシオン アルミ』はDAHON OEM の中では高額な車種(本家の『METRO』が買える値段)ですが、以前DAHONから販売されていた『VITESSE(ビテス)』(←VITESSEに6-SPEEDは存在してませんが)という車種に近く・・まぁ、各部分のパーツが廉価品になってたり、各部位がオミットされていたりというのはありますが、フレームがアルミだったりと、何気によさげな感があったりします・・OEMにしちゃ高いけど・・ちなみに、これを購入した最たる理由は、極々近所に『サイクルベースあさひ』があるし、そこの店員さんにも詳しい人がいたりでメンテやらパーツの調達とかも楽だよな〜って安易なものだったりします。(ちなみに、あさひの実店舗は基本的にパーツをあまり置いてないですが、通販よりも店員さんと相談しながら取り寄せてもらった方が失敗もないし♪イージー)

というわけで主なDAHON OEMをいつくか紹介。独断と偏見によるコメント(備考)付き。

【yeah】
販売:イオン?(ジャスコとかで売ってんの?アマゾンとかでも売ってる
価格:20,000円くらい
備考:DAHON OEMでは一番の有名どころ。ロントキャリアや泥除けなども付いているわりには価格も安いんで悪くないんだけどハイテンフレームで14kgもある・・重いかも。ブレーキ関連のパーツ交換は必須かも。

【ナクレ】
販売:CBA(サイクルベース あさひ)
価格:26,000 円くらい
備考:可愛いんだけどハイテンフレームなんで13.2kgとまあまあの重さ。試乗したけどスイスイ走る。yeahの対抗馬?ちなみに、ナクレミニって16インチモデルもあって可愛いし、意外とスイスイ走るんだけど小さいわりには・・っていうか14.1kgもあり重かった・・20インチのナクレより重いって・・。このシリーズでアルミフレーム(&お値段据え置き)だったらかなり良さげかも・・それにしてもナクレシリーズって実物見ると大変可愛いっス。

【エヴァシオン アルミ】
販売:CBA(サイクルベース あさひ)
価格:30,000円くらい
備考:アルミフレームなんで12.4kgと軽い&Re-Barってとこもポイント。DAHON OEMの中でハンドルポストの調整が出来るモデルは希少。本家DAHONよりギアレシオ(変速比)が緩やかな感じなんで街乗りにも良いかも。サムシフターなんでそこら辺いじるのも楽(グリップシフトのままだとグリップ交換の際にもちょっと面倒。)。難点は価格くらい?

【ビーンズハウス】
販売:Panasonic
価格:30,000円くらい
備考:ハブダイナモのオートライトやフロントキャリア、泥除けなどフル装備なんで気楽に乗れる。見た目がスイーツ(ワラ)な感じなんで、好みが別れるところ。アルミフレームなのに14.6kgもある横綱級・・ハンドルポストとか鉄?・・ダイナモ付きだから仕方ないか・・でも輪行するには重過ぎ。しかし、こいつの利点は別にありまして・・専用パーツがDAHONのよりも安価→DAHONに流用出来るってとこだー!(上記のエヴァシオンもパーツ流用出来るんだけどパーツのみの注文は出来ない)泥除けとかフロントキャリア、リアキャリアとDAHON純正パーツより安価!しかも簡単に入手可ヤター!\(^o^)/→各パーツは自転車屋さんで普通に注文出来ます。

【METRO】
販売:DAHON(本家アメリカではラインナップされていない最廉価モデル)
価格:30,000円くらい
備考:12.3kgとエヴァシオンより0.1kg軽いアルミフレーム。DAHON名義としては最安値で特に難点はないんだけど・・改造を考えてる人には、結果的に安くつく上位モデルの方が良いかも。DAHONによるDAHONのためのOEMモデル。(要はOEM供給用のモデルにDAHON名を冠したモデルなので、ブランド名に拘らなければ他の安価なOEMモデルでもおkってことです)

【シティサイクル折りたたみ:限定品】
販売:東部(AERO TOBU)
価格:オープンプライス(いくらくらいすんだろ?)
備考:うわー!ママチャリDAHONだー!すげー!羊の皮をかぶった狼?美学を感じざるを得ない。

他にも『TETE』やら『HANG TEN(ハンテン)』『NEWTON』『CHEVROLET(シボレー)』(←アマゾンでオマケで付いてるライトは使えなさそ・・チェーンロックもビミョー)『YAMAHON(通販不可。山新というホムセンのショップブランド)』などあります。メーカーによって一部のモデルのみがDAHON OEMだったりするんで、DAHONに拘りたい人は要チェック。

尚、各コメント(備考)は個人的なものですので参考程度に考えて下さいです。

【参考リンク】
DAHON ライセンス・プログラム(なんとなく日本語がぁゃιぃ)

新カテゴリー:自転車&ポタリング

2008 年 4 月 4 日 18:42

関東地方では桜の盛りも過ぎつつあり・・いずれにせよ、春真っ盛りでありまして、『自転車でお散歩』=『ポタリング』には最適な季節到来っ!ってなわけで新カテゴリー『自転車&ポタリング』を追加しましたです。つーか、鋭い人から「このブログに『自転車』という新しいカテゴリーが追加されてますが、何ですか?エントリーには自転車のことなんか何も書いてないじゃないですか。」などという質問メールを頂戴したりしまして、「あーーそう言えばそうだ。自転車自体の話題に触れてなかった!」ってことで、自転車でどっか行った時の話題もこのカテゴリーに属しますんで、以後、どうぞよしなに。

というわけでまずは自転車の紹介。
まんず、ワタクシの自転車は『フォールディングバイク(折り畳み自転車)』を発明した有名な『DAHON(ダホン)』という会社の『BOARDWALK(ボードウォーク)』(以下、『BW』と略)というモデル、先月初旬納車。この写真を撮った先月末の時点ではグリップ(←ハンドルの持つとこ:ゴムとかで出来てるとこ)とか変更してる程度でかわいいもの。

ちなみに、BWの下位モデルには『METRO(メトロ)』ってのがあったり・・まぁ、METROっては廉価なOEMモデル(ライセンス品)への対抗馬として本家DAHONが発売したモデルで、一部ではMETRO自体がOEM呼ばわりされてたりしますが・・ん?OEMか・・そう考えると、実質上、DAHONオリジナルの最廉価モデルはBWってことになりますが・・どれも可愛いんでそんなことはどうでもいっか・・・んで、BWの上のモデルには『SPEED P8』やらもっと高価なのが色々あったりですが、性能自体はだいたい値段の順番・・。そういった意味でもMETROやBWはDAHON 製フォールディングバイクでは入門用モデル的な位置付けではありますが、取り回しの楽さやその可愛らしさからファンも多い人気車種です。勿論、上位車種であるSPEED P8も人気がありますが、個人的に8-SPEED(8段変速)はいらないとの判断もあり(いずれ欲しくなるかも知れませんが・・そん時はそん時だ!)、今回、7-SPEED(7段変速)のBWを購入した次第。今後は、そこそこ改造を楽しむつもり・・あまりマニアではないので、高速&軽量化よりも利便性などをメイン(深みにハマらない程度)にいじる予定っす。んなわけで新参者のDAHON 初心者っス。押忍!荒川や川越狭山の自転車道で見掛けましたらご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

尚、DAHON OEM関連は次回エントリーでやりますです。

ところで、なんでフォールディングバイクにしたか?っていうと、取り回しや置き場所の楽さもありますが、車や電車に乗せての『輪行(りんこう)』が便利&楽しかったりします(←まだ一回も輪行してませんが)。旅先や自転車で遠出して帰りは適当な駅から電車乗って帰るみたいな使い方に最も適した車種であります。ワタクシの場合、仕事の気分転換に徒歩での散歩だとあまり遠くまで行けませんが、自転車ならもっと遠くまでいけるし、迷子(ワタクシ、重度の方向音痴&道憶え悪いです)になったら嫁のchiコロに救援を頼んだり、どっかの知らない駅から電車に乗って一人で帰宅したりも出来ますからして・・・・

余談なんだけど・・・小学生の頃、自転車でどこまで遠く行けるか?ってのをやっちまい、迷子というか、遠くまで行き過ぎてしまい帰れなくなって、知らないオッサンに軽トラで家まで送ってもらったことがあったわ・・・・。(この話は、『キミとボク』のパート2『ココトワ』で描くと思うんで・・いつになるか分からないけど)

閑話休題。
フォールディングバイクはホムセン等で安価な物がいっぱい販売されてますが、ほとんどの車種は値段なりの走りしかしませんから、あまりお奨め出来ませんです。激安自転車に付いてるサスなんて飾りですから、全く意味がありませんっていうか、走りを邪魔する邪悪なバネみたいなもんです。チョイ乗り目的なら安価な『ミニベロ(小経車)』よりママチャリの方が早いし楽です。それと、フォールディングバイクを含めミニベロってのは、パソコンで言えば、ノーパソみたいな感じでもありますから、輪行や保管場所に困って置き場がない等の明確な目的がない方々には特にお奨めしません。・・「見た目が可愛いから欲しいっ!」てのは大変正しい正当かつ真っ正直な物欲なので全然おkだと思いますので皆さんもフォールディングバイク買いましょう。楽しいよっ♪

【参考リンク】
DAHON JP 公式Webサイト
サイクルベース名無し:自転車レビューサイト
自転車@2ch掲示板 DAHON 過去スレ

ホーム > ブログトップ > 2008年4月のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2008 年 4月 »
    M T W T F S S
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30