2008年4月20日のアーカイブ一覧

入間川CR(サイクリングロード):初雁橋&川越水上公園

2008 年 4 月 20 日 02:33

入間川サイクリングロード(正式名称:県道川越狭山自転車道線)に行ってみた。まだサドルを交換してないので10km以上の遠出は、あんまりしたくないんだけど(←だいたい、何でも形から入る子=俺)、春の陽射し心地よく、何やら血が騒ぐので行ってみた。精神力と体力のなさには人一倍自信ありなので(その代わり、物欲と食欲には完全支配され済みな子=俺)、ヘタレたところを見られるのもアレなので一人で行っても構わないのだが、極度の方向音痴(行き慣れた駅ビルでも迷子になる子=俺)のうえに、4年くらい済んでる川越なのに未だに土地感のないワタクシとしては、生粋の川越地元民であり犬や伝書鳩並の帰巣本能とジャイロコンパスや軍用GPS並の方向感覚&現在位置測定能力を兼ね備えた総天然怪力女の嫁=chiコロ@好き嫌い無し=ノビルやイナゴも食べるに一緒に行ってもらうことにした。

まずは、我が家から入間川に行こうと思うが、まずはその手前に位置する『川越水上公園』に立ち寄りぐるぐる回ってみるテスツ。ここの池には未だかつて見たことないほどの超巨大な鯉がいたはずだが、 現在のワタクシは自転車にしか興味がないので鯉を見ないことにした。従って写真もない、悪しからず。ちなみに、この公園では『NDA(ナショナル・ディスクドッグ・アソシエーション)』『JCRC(日本サイクルレーシングクラブ協会)』の大会が行われたりもする。隔年夏には花火大会があったりもする。ここまで輪行で来る場合は、JR川越線の『西川越駅』か『川越駅(埼京線直結)』、東武東上線『川越駅』か『川越市駅』、西武新宿線『本川越』辺り、車なら関越の川越IC下車です。

公園の中をずんずん進んで行くと、公園西側に入間川の土手が見えますが、途中に10段くらいの階段があるので、公園から直接、自転車で土手に行くことは出来ません。階段はヘナチョコなので自転車を担いで登ればいいんですが、その土手の道はダートなので、あんまお奨めしない。この場は、ツール・ド・ジャパン川越ステージに参加したことを想定し公園内をぐるぐる回った後、その横道から初雁橋を目指すが得策。

画像は、水上公園から初雁橋への行きしなに公園裏で見つけた珍しい蔵。洋風建築風な珍品。何やら香ばしい。(ちなみに、香ばしい家並みはワタクシの大好物でして、それらの見学&撮影はライフワークの一つです。撮り貯めた写真も数知れませんが、諸事情により一般公開出来ないのが残念。尚、香ばしい町並み、特に昭和の高度成長期前後に建造された町並みが残っている場所をご存じの方、若しくは居住している方々、ご一報下さい。)

川越市は蔵造りの街としても有名で、古い蔵があちこちに点在しておりまして、観光用に保存されてる地域もありますが、普通の民家の庭先に立派な蔵があるのも珍しくないです。そんな川越にある一般的な蔵との比較画像。画像右が一般的な蔵、各種災害対策を施された重厚な造り。通風窓も耐火扉になっております。一方の画像左の今回発見した蔵との違いは一目瞭然。香ばしく育ったシュロの木が素敵なアクセント。

というわけで入間川の初雁橋に到着。画像右が水上公園〜狭山、入間市方面、左が荒川合流方面。

このまま進めば荒川CR(サイクリングロード)に合流・・する筈。目指すは海!いつかは辿り着く・・かも知れない。

以下、次回に続く。


ホーム > ブログトップ > 2008年4月20日のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2008 年 4月 »
    M T W T F S S
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30