nv4_disp:STOP:0×000000EA エラー その1
2008 年 3 月 10 日 10:34

ワタクシのメインPC『HP xw9300/CT Workstation』ですが、色々とグリグリやってたら、突然、挙動不審になり→ 何とか再起動・・そうしたら↓の画面に・・何か変なシマシマドットが・・・な、な、なにごと!?

再起動後、2台のモニターのうち右のメインモニターは真っ黒・・認識せず・・左のサブモニターに↓・・しかも、ブルーではなくレッド!赤っ!・・あーーーーーー『STOP:0×000000EA』・・・一体全体なんっなんでスか!?マイクロソフトのこのページやらこのページを読んでみるも・・うーむ・・・。

その後、通常起動は不可、セーフモードでしか起動出来なくなる。・゚・(ノД`)・゚・。

などと泣きわめいても仕方ないので冷静に読んでみる。以下、文字起こし職人自分乙!

The problem seems to be caused by the following file: nv4_disp

If this is the first time you’ve seen this stop error screen,
restart your computer.If this screen appear again, follow
these steps:

The device driver got stuck in an infinite loop. This usually indicates
problem with the device itself or with the device driver programming the
hardware incorrectly.

Please check with your hardware device vendor for any driver updates.

Technical information:

***STOP:0×000000EA (0×8949F508,0×896CC8D0,0xBACEBCBC,0×00000001)

nv4_disp
Beginning dump of physical memory
Physical memory dump complete.
Contact your system administrator pf technical support group for further
assistance.

・・・・・・・・・・ピコーン(AA略

そうだ!『nv4_disp』に問題があるんだ!・・ってことは『ビデオカード(グラフィックボード)』関連に問題ありだな。ワタクシのPCのは『Quadro FX 1400』だからして・・まずは、NVIDIAのドライバ削除→再起動&セーフモード→『CabCleaner』→『DriverCleaner』→再起動という儀式の後、新しいドライバ(予めサブ機から『Quadro Graphics Driver』やら『ForceWare』数種類をダウソ済み)をインストールしてみるテスツ。

・・↓そしたら今度はブルーキタワァ*・゚゚・*:.。..。.:*・゚(n‘∀‘)η゚・*:.。. .。.:*・゚゚・*!!!!!

赤やら青やら景気の良いこって・・・こりゃマイッタ/(^o^)\・・しかしだ!ドライバを削除すると通常起動が可能になる・・ってことは、やっぱ『ビデオカード(グラフィックボード)』関連が諸悪の根元・・・まずは脳内で現状問題構造ツリーを構成、その後、対立解消図を描き(←脳内に)、ネガティブブランチだ!ってなんのこっちゃ!

データの定期バックアップは欠かしてないので、最悪の事態は避けられていますが、このままじゃ仕事も私的製作もままならない。(他にサブ機がMac:2台、WinXP:1台、Win2000:1台ありますが、自分のメインPCのトラブルを放置しておくわけにはイカン! 土建化せんといかん! どげんかせんといかん!)ということで総当たり戦開始ぃ!

その2につづく

  • http://record-radio.net/MT/archives/2008/03/nv4_dispstop0x0.php

ホーム > ブログトップ > PC・Web・クリエイティブ > nv4_disp:STOP:0×000000EA エラー その1

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2008 年 3月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31