2007年12月のアーカイブ一覧

さらばビンゴパレード:前編:攻略編

2007 年 12 月 6 日 21:22

予定どおり本日(12月6日)全国で稼働を開始した(らしい?)メダルゲーム『ビンゴギャラクシー(BINGO GALAXY)』ですが、今回はそれの旧バージョン『ビンゴパレード(BINGO PARADE)』のお話しです。略して『ビンパレ』・・一部では獲得枚数(オッズ)の不確定さやその悠長なゲーム性、好不調の波の激しさ、バリバリの機械的操作?(ビンゴカードの配置orボール操作等々・・)等が相まって糞ゲー呼ばわりされていましたが、稼働開始から早2年弱、根強いファンがいたのも事実です。かくいうワタクシは大のビンパレ好きです。(実際のゲーム風景はYouTubeの各種映像参照)ちなみに、ナレーションは『うる星やつら』の『諸星あたる』や『ドラゴンボールZ』の『ピッコロ』等で有名なベテラン声優『古川登志夫さん』。

今回は(まだ)『ビンパレ』が稼働している地域の方々のために&さらばビンパレ・・今まで散々いぢめてくれて・・何が「かくとくまいすういちまーい!やったね♪」だ!あたるの野郎っ!ヌッコろす!!・・・でも楽しかったよ、ありがとうと感謝を込めて、広く知られている簡単な攻略法を少々・・攻略といってもベット枚数により様々ですが、大別すると30〜50枚以下でチマチマと長時間粘る貧乏ベッター派(←悪意はありません便宜上です)、最大116ベットの堅実派、それ以上の枚数を常時ベット(デフォルトが200ベット:フリースポットの点灯やスーパージャックポット狙いを含む)のハードベッター派の3種類の遊び方があります・・ビンゴカードの配置状況によりベット枚数を調整orノーベット派等遊び方は様々です。まずは、下段21〜22の番号には比較的入り易いので、ビンパレにおける待ちの基本として心得て下さい。台の選び方としては、ボーナスポイント(星)がなるべく多く、×2の位置が上の方にあり(前任者が多めにベットした形跡)、オッズの上がり易い台が良いと思います。また、イベントゲームであるルーレットチャンスで頻繁に当選する台は狙い目です。

と、いうワケで攻略開始。まずは、71ベット編。

【71ベット編:その1】
70ベットの時点でオッズが下記の位置(この位置に×2が無い場合、この攻略法は適用されません)に止まった場合。


【71ベット編:その2】
更に1ベット・・つまり合計71ベットすると(ほぼ)確実にオッズアップします。画像は、フィーチャーにODDS UP+フリースポットが点灯した熱い例(カード配置は微妙。カード下段の22と21番が鬼門か・・5番にだけは入らないでお願いネ申さま)。このゲームのプレイ結果は(撮影してませんが)3球ビンゴの160枚獲得で、89枚のプラスでした(想定範囲内)。


【116ベット編:その1】
110ベットの時点でオッズが下記の位置(この位置に×2が無い場合、この攻略法は適用されません)に止まった場合。


【116ベット編:その2】
更に6ベット・・合計116ベットすると(ほぼ)確実にオッズアップします。画像は、フィーチャーにODDS UP×2点灯の少々熱い例(斜め3球+オッズアップで1000枚獲得も余裕か!?お願い17番に入って女神様)。カード配置は少々微妙(24+25番や23+25、22+23番、21+23番等のコンボを喰らったら死亡フラグ。センター17番に入ってくれることをお星様に願う)。


【116ベット編:その3】
惜しくもオッズアップは逃しましたが、4球ビンゴで750枚獲得。


【116ベット編:オマケ】
ボーナスゲーム惨敗直後のチャンスタイムにスーパーオッズ直撃+4球ビンゴの例。フリースポットとして既に5が点灯していたので、4球の時点で2500枚獲得確定。(この台はモニターの調子が悪いので画像が赤っぽく写ってます。)


今回の攻略法が頻繁に適用可能な台は優良台(放出台?)として期待しても良いと思います。逆に、その1つ前のオッズ(×2の一つ下の位置)に頻繁に止まる台はオッズの上がりが悪い=回収期と見て、堅実派&貧乏ベッターの方々は早々に台移動した方が良いかも知れません・・・。無論、逆にハードベットで大量獲得派や脳汁さえ出りゃなんでもイイやどうせ俺は廃人さ・・・orz派にはオッズの上がり難い台も攻略の範疇ではありますが・・・。尚、今回の攻略法により大損ぶっこいても当方は一切感知致しませんので悪しからず。

と、いうわけでまだビンパレが稼働している地域の方々はゲーセンへGO!
次回は『さらばビンパレ特集:中編:アウチ画像編』いきます。

★現在の貯メダル数:約160,000枚(ビンパレと『FEATUREWORLD(フィーチャーワールド)』で大量浪費・・特にビンパレ・・・11月に入ってから通常ゲームで万枚突破から全て飲まれたうえに追いベットで更に万枚溶かしまくり逃げ帰る日々(←1日累計2万枚以上を連日浪費)・・ピンパレバージョンアップ予告で熱くなってました・・・今回、ビンパレの攻略をやったのに全く説得力無し。)

ビンゴパレード(BINGO PARADE)公式Webサイト
ビンゴギャラクシー(BINGO GALAXY)公式Webサイト

流行語大賞「どげんかせんといかん」って・・・

2007 年 12 月 5 日 06:03

宮崎県外の方々には東国原宮崎県知事の「どげんかせんといかん」や「きっくいやんせ」という言葉が宮崎県内全域で日常的に使われている方言だと思われてるっぽいですが、実は違います。それらの言葉は知事が選挙戦以後に公的に使用する以前は県内全域で通じる方言ではありませんでした。無論、現在でも一部の地方を除き、日常的に使われている方言ではありません。知事が宮崎弁として使っている方言は、殆どが薩摩藩であった鹿児島県に隣接している都城市(知事の出身地:宮崎ではミヤコンジョと言った方がポピュラー)近辺で使われている諸県弁(もろかたべん)というものです。この場合の諸県とは、日向国(宮崎県)ではありますが、薩摩藩の支配下にあった諸県郡を指します(当時の都城地方も含む)。そういう事情もあり、少なくとも前記2つの言葉は宮崎というより鹿児島の方言に起因します。鹿児島でも使わない地方もあるかも知れませんし、間違ってる部分もあるかと思いますが大体そんなところ。

というわけで、宮崎県南西部の諸県弁(宮崎では都城弁と言った方がポピュラー)にせよ、県北、県南にせよ、ネイティヴな方言はイントネーションも違えば、固有の語彙も多く、県央(宮崎市内近辺)の人々には通じない言葉が大量にあります。ワタクシは宮崎市内育ちのなので県央が基準になっちまいますが、特に諸県弁が全く解らん。別にそれが良いとか悪いとかではないですが・・・やはり、「これが宮崎のお国言葉っ!」みたいに公言されると違和感ありありですがな・・・・そういった論争というか、議論じみたことも各方面で多々あるわけだし・・・などと『おなごんけくされ』みたいなことを言ってみる。

そもそも、「どげん」自体が鹿児島で多く使われている方言、宮崎では「どげん」よりも「どんげ」の方が一般的です(「どんげね?」「どんげすっと?」等々)。即ち、「どげんかせんといかん」は「どんげかせんといかん」若しくは「どんげかせにゃならん」。「きっくいやんせ」は「きてくんない」若しくは「きない」・・もっと言えば、南新宿にある宮崎のアンテナショップ『KONNE』の語源となった「こんね」の方が広く使われてますです。ちなみに、県央で使われている方言も年々標準語に近づく一方で(イントネーションは宮崎弁のまんまですが)、ディープな方言は失われつつあります・・偶にそういった失われた方言を使うと、その懐かしさや珍しさ、珍奇さに大爆笑・・「ぼど=全部」とか「きびる=縛る」、「からう=背負う」、「さるく=歩く」とか・・・それらを全て使用した例→「ぼどきびってかろてさるきまわってきたっちゃがー!!」。そう言えば、酒好きを「しょちゅ(焼酎)くれ」と呼びますが・・かといって「焼酎」自体を単独では「しょちゅ」とは言わず、普通に「しょうちゅう」と呼びます。また、酒癖が悪い人のことを「山芋掘り」と呼びます。従って、悪い酒癖が出た場合、周囲の人々は「まぁた、山芋掘りだしたじ。のさーーん」と言います。いじょ。

関連記事:ハイブリッド方言レジュメ

我思う:一夕話(いっせきわ)

2007 年 12 月 3 日 12:50

もっと丸くならねばと思う次第。
・・・見た目は十分過ぎるくらい丸くなりましたが・・・・中身が・・・どうにもこうにも・・・・まいった、まいった。

ホーム > ブログトップ > 2007年12月のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2007 年 12月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31