2007年12月11日のアーカイブ一覧

さらばビンゴパレード:後編:激闘編

2007 年 12 月 11 日 20:12

メダルゲーム『ビンゴギャラクシー(BINGO GALAXY)』の旧バージョン『ビンゴパレード(BINGO PARADE)』追悼特集最終回。

前々回の『攻略編』にて基本的な攻略法を解説しましたが、今回は、その文末でも触れた『オッズが上がり難い台』の攻略法を含めた熱い画像特集。更に刺激を求めている方々へ・・ビンパレはハードベットすると別ゲームに変わり、そして廃人へ・・。

まず最初にビンパレで最も熱いオッズは公式Webサイトにも記載されているように『×2』とういうことです。それを踏まえ、前々回の『攻略編』で解説した71ベット&116ベットの法則を敢えて崩すことから始めます。まずは、70ベット後、所定の位置までオッズが上がったら(通常は追いベット1の合計71ベット)で止めますが、70ベットの時点から更に10ベットずつ追いベット(1ベットずつでは危険)すると『×2』の位置で止まる場合があります。体感では200ベットするまで『×2』の位置で止まり続ける確率は40%以下と期待値は低めですが・・この法則崩しの最低ラインは126ベット=252枚です。つまり、126ベットまで『×2』の位置にオッズが留まり続ければ実質的な最高オッズになるということです(250オッズ+オッズアップ×2を除く)。そういったわけで126枚以上のベットを成功させれば大量獲得が狙えます。もし失敗した場合でも、200枚超過のベットをすれば『250オッズ+オッズアップ×2』やフリースポットの点灯が期待出来ますし・・←ちょっと苦しいか・・。

【ハードベット攻略:法則崩し:その1】
71ベットラインで210ベットに成功した例。難易度は116ベットラインで留め続けるより若干高め。フリースポットは25番が点灯。ゲーム開始時の画像は撮影し忘れ(スンマセン)。

【ハードベット攻略:法則崩し:その2】
116ベットラインで200ベットに成功した例。オッズアップフィーチャーが開いてないので『×2』確定+センター21番で十分熱い。

【ハードベット攻略:法則崩し:その3】
上記のプレイ結果。斜め4球ビンゴの200ベット×6倍×2(斜めにビンゴが揃うと2倍の配当になります)の2400枚獲得。

次に『×2』の位置までオッズが上がらない台の攻略。攻略というほどでもないですが一気に大量獲得するチャンス→廃人への最短距離であることは確実です。方法としては、オッズアップフィーチャーが1UPしており『×2』の一つ下でオッズ止まったらひたすらベットするのみですので比較的簡単です。つまり、4球目の黄ボールでのオッズアップに依存し強制的に『×2』の位置にオッズを上げる攻略法です。特にフリースポットが点灯し、オッズが上がり難い状態になった際のプレイ方法としては破壊力絶大です。尚、『×2』の一つ下で止まった時点でオッズアップが点灯していない場合は更に500ベット以上追加してもオッズアップが点灯しないという最悪の展開も十分ありえますので諦めた方が良いです(様子見で200ベット程度が無難)。ちなみに、この方法は、オッズアップフィーチャーが早々に2UPする台では不向きです・・っていうか、頻繁に2UPする台はベットの予測が困難で禄なことはないのであまりお奨め出来ませんです。

【ハードベット攻略:オッズアップ依存:その1】
フリースポットは○で囲んだ2つが点灯、オッズが上がり難い状態になった後『×2』の一つ下までオッズを上げるべくひたすらベット(オッズアップフィーチャーが2UPにならないことを祈りつつ)の600枚。4球目に15番に入りオッズアップ。4球目終了の時点で斜め1列を含む3球ビンゴが3列。この時点で4800枚確定・・・ビンパレ廃人はこの程度で喜んでいてはいけない・・ここからが本当の勝負だ!

【ハードベット攻略:オッズアップ依存:その2】
上記画像の結果。最終的に斜めラインが4球に発展し9600枚獲得。脳汁出まくりんぐ。こういうことが多々あるから止められない・・・そしてボーナスゲームへ(次画像)。

【ハードベット攻略:オッズアップ依存:その3】
その直後のボーナスゲームでは当たり前のように黄色のカラーボーナスまで入り3229枚獲得の大放出期。ちなみに、ボーナスゲームのオッズに関しては、通常ゲームでメダルを大量消費(大負け)していたからといって必ずしも上がるわけではありませんが、大量の負けが込んでくれば数回のボーナスゲーム中に1〜2度くらいは最高オッズまで上がる場合が多いです(いずれにせよ、カラーボーナスの配当にはダイレクトに反映されますが)。通常ゲーム中に大量消費しつつもそれを上回る大量獲得を度々した場合(P/O率を超え過ぎ等々)はあまりオッズが上がらない場合が多いので、やはり、ボーナスゲーム中のオッズの上下はある程度P/O率に依存するのではないか?と思ってます。

【ハードベット攻略:オッズアップ依存:オマケ】
『×2』の一つ下で調子に乗って無意味にハードベットしていたら250の位置にオッズがポンっと上がってしまった・・大赤字の予感orz→ルーレットチャンス当選でマックスオッズktkr→苦しくも3球ビンゴで⊂(^ω^)⊃ セフセフ!! な例。良い子のみんなは真似しないように・・。(この台はモニターの調子が悪いので画像が赤っぽく写ってます。)

【スーパージャックポット画像】
スーパージャックポットのリミット30000枚。これは携帯で撮影したものなので画像が荒いです(&なので、この画像のみクリックしても拡大されません。サーセン)。尚、通常のカラーボーナス画像に関しては特に珍しくないと思われますので割愛。
07-12-11_SJP.jpg

さて、ここまで書いてアレですが・・・個人的な考えとして、最も有効な攻略法は プレイしないこと・・ではなく 他にお客さんがいない時に一人でプレイすることだと思います。他のプレイヤーがいるとメダルの払い出しが均等になる局面も多く(一人勝ちの展開もありますが、その状況が他の台に早い段階で移行し易い)、また貧乏ベッター(←悪意はありません便宜上です)の「かくとくまいすうはちまーい」に喰われる場面も多々ありの納得いかない結果になる展開も多い感じがします。それに較べ一人プレイは台の状態も見分け易く勝ち負けも明確です。そういった理由からビンパレ一人プレイお奨めです。勿論、P/O率から考えると過疎店でプレイするのではなく繁盛店で他にプレイヤーがいない時間帯(平日や開店直後、閉店間際等)での一人プレイ+各種攻略法活用がベストだと思います。(スターホース等も稼働サテが少ない方がプレイヤー馬の連帯率が上がると思いますので、それら含め同様の理由で他の一部のメダルゲームに関しては一人プレイが有効だと感じます。プッシャー系などは『?』ですが・・どうなんだろう・・・)

ちなみに、機械的操作に関しまして、現在稼働中のほぼ全てのメダルゲームはP/O率に依存しますので完全確率ではありません。従って、個人的にはなんらかの機械的、その他、作為的等、何れかの操作があって当然だと思います。それを前提に常識の範疇で攻略など個々が楽しめれば良いのではないかと思いますです。っていうか、P/O率大前提の操作あり?でも楽しめるものが良ゲーだと思いますです。(メダルゲームではない通常のパチンコやパチスロは別問題としてここでは触れませんし、そういったお店にワタクシが行くことはないですが)

と、いうわけで3回にわたってお贈りした『さらばビンパレ特集』一貫の終わりであります。ご静読感謝。興味ない皆様には大変申し訳なく・・思えば、スタホ以外でこんなに非道い目にあった&熱中したメダルゲームはあまりなかった気がします・・ちなみに、バージョンアップ前日(12月5日)ビンパレに最後のお別れをするために閉店間際に駆け付け、小一時間ほど(誰もいないビンパレで)プレイしたのですが、結果は、ほぼ閉店ギリギリにボーナスゲーム突入→カラーボーナス黄色の約2600枚獲得→アテンダントペイ中(ベットしてません)にルーレットチャンス当選のマックスオッズですか・・・まったく!最後の最後までやってくれるぜ・・諸星あたるにはいっぱいいぢめられたけど楽しいかったよ。

さらばビンゴパレード。燃えたぜ。

★現在の貯メダル数:約150,000枚(ビンゴギャラクシーやってきたですよ。結果はご覧のとおりマイナスです。近日中にギャラクシーのレビューやるかもです)

ビンゴパレード(BINGO PARADE)公式Webサイト
ビンゴギャラクシー(BINGO GALAXY)公式Webサイト

ホーム > ブログトップ > 2007年12月11日のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2007 年 12月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31