川越まつり:前編:曳っかわせ
2007 年 10 月 25 日 18:35

10月20、21日の両日行われた国指定重要無形文化財『川越まつり』関東三大祭りの一つとも言われてます。この祭り最大の見所は『曳っかわせ』と呼ばれる山車どうしの対決。この『曳っかわせ』ですが、まずは川越の主な町内に各一台ある山車が市役所前に集合『山車揃い』しまして、その後、市中を曳き廻します。その最中、他の山車とかち合うと対決が始まるわけです。対決といっても、山車どうしがドッカンドッカンぶつかり合ったりするガチンコ対決ではなく、互いの山車が向き合いお囃子の儀礼打ちを行い、相手のお囃子に釣られた方が負けという至って平和なもの。といっても現在は、そういった勝敗を決めず、お互いがお囃子の儀礼打ちを行うのみの更に平和なお祭り。だけど非常にエキサイティングなお祭りです。

というわけで、今回は『川越まつり』画像を5点掲載。いつも通りサムネイル画像をクリックすると別ウインドゥで大きな画像が表示されますです。

【川越まつり:前編:画像1】
四つ辻にて二台の『曳っかわせ』を見物していると・・


【川越まつり:前編:画像2】
三台目キタ━(゚∀゚)━!!!!! 巴戦開始! 見物していると画像手前の新富町の曳き子の(知らない)おじさんに縁起物だといわれる提灯のロウソクを貰った♪しげっトは防御力が上がった。

【川越まつり:前編:画像3】
こちらは上の2つの画像とは違う山車どうしの『曳っかわせ』。辻でなくとも出合えば即『曳っかわせ』。とんつく♪とんつく♪

【川越まつり:前編:画像4】
画像右は我が町内の山車であり、なにやらこちらまで誇らしい気持ちになる。ちなみに、山車の天辺にはそれぞれに由来した人形が乗っていますが、我が町内の山車のシンボルは『木花咲耶姫』。僕の故郷である宮崎と縁の深い御方、思い入れもひとしお。

【川越まつり:前編:画像5】
『曳っかわせ』は、山車どうしがかち合った場合だけでなく、各町内の会所前等に差し掛かった場合にも行われます。


次回『川越まつり:中編』は恐怖の『おばけ屋敷』特集。乞うご期待!

川越市 川越まつり紹介ページ
川越観光協会 川越まつりの歴史
木花咲耶姫関連記事

  • http://record-radio.net/MT/archives/2007/10/post_205.php

ホーム > ブログトップ > |∀ ゚ )さいたま(主に川越) | いっちゃが宮崎 | なんでも博物学 > 川越まつり:前編:曳っかわせ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2007 年 10月 »
    M T W T F S S
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31