2006年11月のアーカイブ一覧

絵本版 キミとボク 経過報告20:各種仕様決定

2006 年 11 月 17 日 21:22

今週も絵本発売に向けて奔走おりましたが、使用する紙や各種仕様も一通り決定し、いよいよ来週→各種確認→再来週→印刷開始の予定です。S印刷所のWさんに大変な骨を折って頂いたお陰で今回の出版が実現致しました。心より感謝。

それにしても、紙の選別は楽しい・・・

絵本の予約に関してですが・・印刷が始まった時期を目安に専用ページで本の予約を承り、刷り上がり後すぐにお届け(クリマスまでには間に合わせます)予定ですのでどうぞ宜しくです。&前回の日記でも書きましたが、赤字覚悟で予約特典付けます・・などと考えてるうちに予約特典のことで頭が一杯になり、アレを付けたらみんな喜ぶのではないか?コレも付けたいな・・・などと考えてるうちに本末転倒になってしまい、更に赤字になってしまい・・というわけで、予約特典はポストカードになる可能性大ですが(メルマガ読者用と一般の方々用)・・どうぞ宜しくです。ホントはポストカード+ステッカーセットとか付けたいのですが・・それだと、ワタクシが年を越せそうもないので・・(販売用のインフラ整備にもお金が掛かっており・・)・・スンマセン。

絵本版 キミとボク 経過報告19:なんとか発売しる

2006 年 11 月 11 日 09:42

前回の日記で『ガンガン生く』などと勢い余って書いてしまいましたが、今週は『キミとボク』の絵本の販売をどうするか?ってことのみで忙殺されてしまい・・新作の制作は未着手・・。それでも、なんとか今年中・・しかも、最遅でもクリスマスまでには皆さんのお手元に届けたく悩みに悩んだ今週末まで。(ホントは絵本の入稿が全て終わったら温泉にリフレッシュに行く予定だったのだが、そうもいかねぇわな・・)

その後、いくつかの出版社よりオファーも頂戴致しましたが、やはり『キミとボク』に関しては、皆様個々の思い入れもあり、最早、自分だけの作品ではないという考えもあり、最初の一歩を商業出版とするには自分としても納得いかない部分も多く・・。今一度、初心に立ち返り『自分は何故、Webの世界での作品発表の道を選んだのか?』などと自問自答の繰り返し、あソレ♪繰り返し〜♪繰り返しぃ〜♪

んで、あらゆる販売形態を検討しましたが・・導き出された結論として、自費出版という道を選んだ次第。出版社からの有り難いオファーを辞退してまでやる意義があるのか?どうか?とか、それに付いて回るリスクなどを考えたりもしましたが、笑わば笑えってことで、融通の利く性格ではないので、ここまで来たらもう止まらないわな・・。と、いうワケで、その為の仕様変更やら、それに伴うレイアウトの変更やらアレやらコレやらやっとるワケですが・・。印刷関係やら各手続きやらのことも同時にやらねばならず・・・(無論、chiコロも一緒に各方面に走り回ってくれてはいますが)・・・元来、制作のみに集中せねばならぬ筈であるにも関わらず、本末転倒の日々であるかも知らん♪

というワケで来週・・順調にいけば(今度こそ順調にいきますように)、遅くても再来週辺りには絵本の詳細発表&予約(予約特典も考えてます・赤字)を開始出来ると思いますんで、どうぞ宜しくです。その頃にはメルマガも発行しますんで(メルマガ読者用の特典も考えてます・更に赤字)そちらも宜しくです。

TON

2006 年 11 月 7 日 03:57

探し人として、以前からこのページや古い日記などで捜索続行していた我が相棒TONちゃんなのですが、先日、ようやく発見。彼が住んでいた場所は、ワタクシが記憶していた住所とは少し違っており・・(○○町1-1-8ではなく○○町1-8-18といった感じで間違えて記憶していた・・駄目じゃんオレ)・・しかも、マンション名まで変わっており・・(変更前のマンション名も少し間違えて記憶していたよ・・・手紙とかも届くわけないよな・・全然駄目じゃんオレ)・・それでも数十分の捜査で現住所を突き止めることに成功。

というわけで、約8年ぶりの再会と相成ったわけですが、だいたい24時間くらい喋りっぱなし(茶店→家→酒屋→家→飯屋→家)(何年のブランクがあっても、昨日も会ったような感覚ではあります・・お互い、中身はあまり変わってないし・・)・・メインの話題は、我らの今後の動向。ふと思えば・・TONちゃんとは、幼稚園以来ン十年の付き合いであったにも関わらず、建設的かつ前向きな話をしたことは始めてであることに気付いた次第。長い意見交換の中で両者の展望は完全に合致。

要するに、ワタシ→絵を描いたり文字を書いたりする人。TONちゃん→音を創ったり鳴らしたり調整したり色々する人。両者の着地点→同じ。・・これ以上は今は秘密。(←勘の悪い人でも解ると思いますが・・一応)

さて、これからは更に忙しくなるなぁ・・楽しみ、楽しみ・・・・ガンガン生きまっせー!

まだ起きてる:家守センパイ

2006 年 11 月 3 日 21:39

今年は寒くなるのが早かったので、早々に冬眠なされたと思っていた我が家の家守(ニホンヤモリ)『壁虎一号』様ですが、なんと!まだ起きておられた。

重鎮『壁虎一号』先輩は我が家の風呂場窓周辺がテリトリーらしく、そこら辺はあまり日当たりがよくないので昼夜を問わず精力的に捕食活動をなさっているご様子。夜など小さな昆虫等が寄ってき易くするために、風呂場の電気を点けっぱなしする等、縦社会と礼儀と義理と人情とか、その他を重んじる体育会系のワタクシとしては、電気賃無視で先輩の捕食活動に対し協力を惜しまない体制でありますからして・・・(捕食される昆虫の立場はどうなのか!?などと思われる諸先輩方もいらっしゃると思いますが、玄関を一歩出ればそこは野生の王国、食物連鎖ワールドでありますからして・・『遠くの蟲より近くの家守』という古い格言もあるかも知れませんし・・・)。ところで、なんで『壁虎一号』なのか?と申しますと・・今年、同じテリトリー内にもう1名の先輩が居ることが判明!・・その御方も『一号』先輩同様に齢を重ねていらっしゃるご様子で・・・一応、個体判別をする意味も含め、『壁虎一号』〜『壁虎二号』とナンバリングさせて頂いた次第。まぁ、しげっトちゃんとしても、『一号』と『二号』の区別は付きませんが・・・。

ちなみに、 約2年前の日記で取り上げた、我が家の玄関軒先にお住まいの生まれたての可愛らしい家守『子路』後輩は、冬眠後の寝惚けが原因で壁から落下し、そのショックで逃亡。やむを得ず、玄関軒先→門柱へとテリトリーを変更したのだが、それを発見したしげっトちゃんは捕獲に失敗(捕獲して、元々のテリトリーであり、比較的、餌である昆虫等が集まり易く、なおかつワタクシが観察のし易い玄関軒先へ放流してやろうと思った)、更に逃亡。消息不明。子路・・・元気でやってるかぁ?

家守ってのは、ワタクシが在住している埼玉の田舎でも各所で見掛けますが、以前、住んでいた東京都内世田谷区などの住宅地(アパートの壁など)の方が見掛ける頻度は高かったですよ。ワタクシが住んでいた小田急沿線の安アパートの壁にはビッシリ・・・。

筆ペンからはじめる水墨画

2006 年 11 月 2 日 01:34

こちらは、しげっトちゃんとは打って変わって相変わらず絶好調、世界を股に掛けてご活躍中の水墨画の巨匠 小林東雲 御大の最新刊『筆ペンからはじめる水墨画』講談社発行。(・∀・)キタコレ

ワタクシは、これを絵本制作後半に拝読したのですが・・マイッタ!こりゃ、スゲー完成度。しかも、世界の大舞台でホウキみたいなでっかい筆で水墨画の実演なさっている水墨画の巨匠が筆ペンですぜ!ここまでやるか!?って感じで、正に『弘法筆を選ばず』であり『やられた感』大あり・・。筆を持つことすらままならない我ら一般庶民のためによくぞここまで・・・゚・(ノД`)・゚・ 。というワケで、これを読めば、あなたも筆ペンで水墨画が描けるようになる・・・かも知らん。いや、なせば成るものだ!目指せ筆ペン水墨画家!この本で極意を学び、学校や職場、ありとあらゆる場所で手軽に筆ペン技を披露するのだ!正に決定版!超オススメ。

小林東雲 先生 オフィシャルWebサイト

ホーム > ブログトップ > 2006年11月のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2006 年 11月 »
    M T W T F S S
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30