赤塚不二夫のことを書いたのだ!!
2005 年 9 月 10 日 23:14

先日、遅ればせながら『赤塚不二夫のことを書いたのだ!!』を読んだ。寝る前に少しずつ読もうと思っていたのですが・・止まらなくなり一気に最後まで読んだ。

漫画家 赤塚不二夫 先生と、小学館の担当編集者であった武居俊樹さんの物語、その武居俊樹さん御本人が書かれた本だ。(武居俊樹さん・・赤塚漫画ファンには『武居記者』・・・いや『デカ鼻武居』といった方が通りが良いかも知れない・・)そこには、破天荒ながらも、作家と編集者、プロ対プロ・・人間 対 人間の理想型の一つがあった。兄弟でも家族でも友達でもない関係、むしろ、互いの才能がぶつかり合うライバルに近い関係だったのかも知れない。それでも切れることのない縁。敬意や信頼という言葉が相応しい。いや・・きっと、愛なのだろう。

読み終えた後、涙がポロポロとこぼれた。

今の僕があるのは、赤塚先生と手塚先生、偉大なる先人らが導いてくれたお陰でもある。

『レッツラ*ゴン』
赤塚不二夫 漫画大全集 DVD-ROM

  • http://record-radio.net/MT/archives/2005/09/post_126.php

ホーム > ブログトップ > PC・Web・クリエイティブ > 赤塚不二夫のことを書いたのだ!!

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2005 年 9月 »
    M T W T F S S
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30