2005年7月のアーカイブ一覧

カンフーハッスル 達人之素 DVD

2005 年 7 月 17 日 04:12

「わー凄げー!」的映画『カンフーハッスル』ですが、待ちに待ったDVDが発売されましたです。

んで、特典満載の『カンフーハッスル 達人之素』の中身はこんな感じ
1)あまり外では着ないだろう・・というか絶対着ない『ありえねーTシャツ』
2)開封するのが面倒なので中身を知らない『ポストカード』
3)カンフーハッスルファン的にちょいと(*´д`*)ハァハァの『写真集』
4)カンフーハッスルファン的にキター『特典ディスク』
5)日本人的に中華的いぢめシーン回想は少々受け付けない気味の『本編ディスク・メイキング付き』

と、いうワケで各特典は実用度的にはどうか?と思いますが、カンフーハッスルファン的には大変満足の豪華セット。

カンフーハッスル自体の感想については1月15日の日記にて触れましたので、ここでは多くを語りませんが・・・日本の80年代後期〜90年代格闘マンガに魂を焦がした諸君やオッサン、オバチャンフェチには「こんなのを待ってたんだよー!!」的優秀な映画であり、しげっトちゃん的に大変オススメの一本です。・・観た後には、今回紹介した豪華BOXセットが欲しくなること間違い無し、今のうちに買っといた方が良いぞ的。

カンフーハッスルDVD

ナショナル坊や

2005 年 7 月 16 日 08:57

しげっト・ナショナル坊やコレクション

コレクションの目玉は店頭用巨大ナショナル坊や。デッドストックの傷無しピカピカ状態を維持するため特注専用ショケースまで造ってもらったのだー!

その周囲、上部にはカウンター用やノベルティのナショナル坊やを配置・・コツコツ集めておりましたが、ネットオークションにより取り引きが簡素化されたこともあり、ここ数年はコンディションの良い出物も少なくなる一方・・最早、これ以上のナショナル坊や増殖は無理との考えによりコレクションは打ち止め状態。(キリがないのでコンディションの悪い物は集めないようにしてますです・・歯止めが利かなくなるので・・)

ケロッグ・ランチボックス

2005 年 7 月 15 日 02:37

またもや、ゲーセンのUFOキャッチャーでゲト!今回はケロッグのランチボックス全2種!金属製っ!

・・何故か外箱には『おしゃれトランク』と書かれていましたが・・日本ではその表記の方が解り易いかも知らん♪

アメリカなどでは、同型のものをランチボックスと呼び、サンドウィッチやデザートのリンゴなどを入れる・・いわば、子供向けの弁当箱のような存在で、同じ柄のプラスチック製水筒などとセットや、中に飴などを入れてオマケとして販売されている場合も多いです。(飴などが入ってるものは、日本でもソニプラや輸入雑貨店などで見掛けますが、飴入りは通常のものより一回り小さい場合が多い。チビっ子向け?)

また、ランチボックスの歴史は意外と古く、無数の絵柄やデザインが存在するためコレクターも大勢いますが・・ボクの場合、ランチボックスに限らず金属製の箱のようなものを集める癖があり、そのため、ランチボックスやそのセットの水筒などもいくつかコレクションしております。(←大した数ではない)しかし、このランチボックス、あまり使う場面が思い浮かばず・・・まぁ、コレクションだから良いのか?・・あーそう言えばそっか・・食玩のタブりでも入れときましょか・・。

初山祭り(検証編)

2005 年 7 月 14 日 04:53

昨年より参加し始めた近所の祭り。住宅街にある小さな神社にも関わらず沢山の屋台がズラリと並び、その賑わいようはちょっとしたものであり、また、お参りした子供たちは額に赤いハンコを押してもらうのが習わしらしく、何か不思議な感じがした・・。それらはしげっトちゃんの知的好奇心を大いにくすぐったわけで・・ここ1年ほど調べていたのです。

と、いうわけで、以下、検証結果要約

【1:仙波浅間神社の初山(はつやま)の祭りであること】
初山(はつやま)は、過去1年の間に結婚した花嫁や子供が出来た際に初参りする日。詣でた人には印が押される。また、土産にあんころ餅や団扇を買う習わしがある。
仙波浅間神社は、浅間信仰が盛んになった江戸中期に、『富士山本宮浅間大社』を勧請(分祀ではないよん♪)したものであり、開運、安全、安産祈願のための神社として建造された。また、この社殿は、古墳の上に建造され、社殿裏には富士山の火口を模した穴がある。更に、この仙波浅間神社に参ると富士山に登山したのと同等として考えられる。(要するに、ミニチュアの富士山を祀っているようなものか?)

 ◇ ◇ ◇
余談ですが、『せんば山の狸』の歌・・この『せんば』には熊本説と川越説がありますが・・どちらが有力か?といわれますと・・熊本に『せんば山』はない、川越には『仙波山』があり、そこに『仙波東照宮』が建造されている。それらを踏まえたうえで歌詞を検証すると『狸=仙波東照宮=徳川家康=徳川幕府』という図式が成り立たなくもない。ちなみに、この歌の由来は、川越の仙波山に薩長連合軍が倒幕のため駐屯した際に歌われたものらしいということ・・更に歌詞を検証してみると「あんたがたどこさ?」との質問に「肥後さ」と答え、その後「肥後どこさ?」「熊本さ」と問答していることから、肥後がこの歌の発祥地であった場合、このような質問自体が成立しないことになる。

他にも「肥後どこさ?」=「肥後ってどこさ?」という意味ではなく「肥後のどこさ?」という解釈もありますが、その場合、後に続く「熊本さ」という答えが成立しないのではないか?・・まぁ、この歌の発祥を『手毬歌』ではなく『問答歌』であるという説もあり、論争は絶えませんが・・・尚、『せんば』には『仙波』『船場』『洗馬』等の諸説あり、もう何がなにやら・・まぁ、その他の色んな伝承と同じく諸説あるわけで・・バルタン星人の由来論争と同く絶えることない論争ではないかと思う次第・・っというわけで、色々と検証した結果、しげっトちゃん的には、川越説が有力ではないか?と思う次第であり、バルタン星人の由来の解釈は公の場では止めた方が良いかと思い(後略)
 ◇ ◇ ◇

続きを読む

初山祭り

2005 年 7 月 13 日 23:05

05-07-13.jpg真っ昼間から近所の祭りに出掛け、お好み焼き屋台の列に並ぶchiコロ。

祭りのために朝から何も食べないで我慢してたのでお腹が空いてウズウズしてるの図。

次回はこの『初山祭り』を検証す。

ホーム > ブログトップ > 2005年7月のアーカイブ

SEARCH
フィード