オッシュマンズ20周年
2005 年 6 月 24 日 11:18

05-06-24.jpg原宿のOSHMAN’Sが20周年らしい。10周年記念のT-シャツやトートバッグを貰ったのがつい最近のような気がするが、それから10年という年月が過ぎ去っている事実に呆然としたり、しなかったりする。

んで、記念のロゴ入りコラボレイトT-シャツが発売されてる・・限定モノ好きなミーハーしげっトちゃん的に、PATAGONIAとBONZAIPAINTのコラボレイト物は押さえておかなければなるまい・・とか、ここで書いたうえに、仕事で各種ミーティングなど着ていったとすると・・「あー!しげっトさん、日記で書いていたOSHMAN’SのT-シャツですね!」などと勝ち誇ったように言われる可能性がなきにしもあらずで・・言われないとしても、心の中で『OSHMAN’S 記念T-シャツか・・相変わらずミーハーだな・・』などと思われっ放しであり・・それだと、少し負けたような気にもなり、やはりこんなこと書かなければ良かったとも思うが、最近、日記を書く時間がなかったのに、やっと日記を書いてるのに別の話題で書き直すのも、更に話が変な方向に行く恐れもあるため字余り、字足らず。

ちなみに、20年前のファッションシーンといえば・・有名セレクトショップのみを例にあげても・・BEAMSは原宿にポツンと店舗があった程度・・・・SHIPSは、まだミウラ&サンズという店名で渋谷道玄坂の奥地・・UNITED ARROWSはまだない。当然、JOURNAL STANDARDもなかった時代であり、渋カジブームも来ておらず・・当時は、渋カジのプロトタイプ的な『アメカジ』ってのがあったくらいで・・。それら、いくつかのショップで足りないアイテムは上野アメ横まで買い出しに行ったり・・代官山の民家から店舗拡張のため、掘っ建て小屋で営業中のハリランに行ったりと・・その程度で・・当時は、バブル前のDCブランドーブームだったこともあり、そういった輸入物のお気に入りの洋服やスニーカー、ブーツ、各種アイテムをゲトするためには並々ならぬ努力をしなければいけなかったりした・・。それが例え、T-シャツ1枚でもだ・・。(既出の20年前のあったセレクトショップも現在のように大量のショップオリジナルは販売しておらず、輸入物のアイテムがメインだった・・)(逆に古着・・Levi’sやLeeなど、今では超高額な年代物デニム等、ビンテージクローズは安値でゲト出来た。←当時、日本では欲しがる人もあまりいなかったし・・)

と、いうワケで、原宿にOSHMAN’Sが開店した時は・・一般的な見解としては、大きなスポーツショップが出来た程度の認識しかなかったが・・ボク個人的には、まだ日本では珍しいスポーツブランドなど・・新鮮な品揃えで、「新しいセレクトショップが誕生したースゲー!」みたいな感じであり、OSHMAN’Sは、それ以降しげっトちゃんご贔屓店。((注)OSHMAN’Sは基本がリアルなスポーツ指向のショップなので、通常のファッションとしては危険なアイテムも豊富ですから・・ある程度の選択眼がないと危険かも知らん))

  • http://record-radio.net/MT/archives/2005/06/20.php

ホーム > ブログトップ > 雑貨 & Other Goods > オッシュマンズ20周年

SEARCH
フィード