2005年5月のアーカイブ一覧

りらくま計測

2005 年 5 月 10 日 13:31

水墨画の巨匠 小林東雲 先生 の奥様というか、お嬢様よりリラックマのメジャーを頂戴した。メジャーとはいろいろなものの長さを測ったりする大工さんとかが使う道具だ。

これでしげっトちゃんも計測係の仲間入りだ。

さて、なにから計測しようか。

『百』でも『千』でも『一』なのでしょうが・・

2005 年 5 月 6 日 23:06

条件反射的に、本日もオモチャの話題を書いてしまいそうになり(略)キリがないので(略)画像のみ(後略)

以下、雑記。

先日、またもやKou Ogataが我が家に泊まり来まして・・オミヤゲに仙台銘菓『萩の月』などを頂戴した次第。(ワタクシは『萩の月』が大好きであります)作品や曲のことを話す予定が、またもや違う方向にいってしまい・・・・やはりココでは書けない話題ばかりで夜通し語り・・重要なことを話すのを忘れており・・ワタクシの場合、結局のところ、酒を呑むとそういう感じであり、「まぁそれもイイか」と思う次第。

だいたいにおいて、ワタクシの場合、呑むと話がアチコチに飛び、例えば『100』話そうとしていたことの『1』程度しか話せないまま朝を迎える始末。例えば・・確立100分の1。年がら年中、毎回そんなもん。しげっトちゃんはそんなもん。

GWのその他の日々は以下同文。

というワケで、GW中も頑張って労働したので、仕事関係も色々と落ち着いてきましたので、作品創りに集中出来る時間が増えてきましたので、一刻も早く作品を完成させ、諸君、並びに皆様に観て頂きたい気持ちでイッパイでありますが・・・さて、どこから手を着けて良いやら・・・・さて、どうしたもものか・・。

ウゴウゴルーガ KUBRICK

2005 年 5 月 5 日 21:12

KUBRICK(キューブリック)ってのは・・レゴのminifigみたいなもんですが・・ウゴウゴルーガのKUBRICKげと♪全7種。

やっぱミカン星人はイッパイいないとダメダメでしょ・・などという思い込みからミカン星人のみ集中的にゲト!10名げと!(他は各1名ずつゲト)

ところが・・なんか、ドタマにキーチェーンが付いており・・(通常のKUBRICKには付いてません)これをぶら下げて歩くと確実に腕が取れて無くなる予感・・・。でもカワイイのでゆるす。


近々、「きめてきめて」のシュールくんのソフビドールも発売される模様・・あれ?発売されてるんだっけ?・・・ネットで注文したのにまだ届かない・・orz

S.I.C.仮面ライダーΦ’s

2005 年 5 月 4 日 17:05

仮面ライダーファイズのタッくん2種。画像のファイズは壊れているワケではありません(各部にヒビが入ってるみたいに見えますが)。前回のサイボーグ戦士ベガと同じ系統のバンダイのS.I.C.というシリーズ・・既存のキャラクターを独自の解釈でデザイン→造形したフィギュアなので、オリジナルのファイズとは少しデザインが異なります。造形はオリジナルのデザイン自体の完成度が高かったためか、大きな変更点もなく・・(ウルフェノクは劇場版)フツーにカッコイイ。(ウルフェノクの各部位が尖った金属でトゲトゲなのので、ドタマに落ちてきたら頭蓋骨に穴があく恐れアリ・・前作の仮面ライダータイガよりも危険・・にも関わらず2体とも頭上に飾ってますが・・)

ちなみに、S.I.C.というシリーズ自体が現在、大人気&根強いファイズ人気もあり、更には、今回、ファイズとウルフオルフェノクがコンパチのため2ケ買いがデフォとなり・・(素体1体に対しファイズとウルフェノクの部品を交換する仕様のため、2体同時に遊んだり飾ったりするにはドーしても素体が2ケ必要なのですよ・・と、いうワケで熱心な方々は2ヶ買いせざるをえない・・アコギな・・)・・そういった理由もあり、ネット、リア店共にほぼ瞬殺状態・・。このページ左下に表示されるアマゾンのトップセラーランキングおもちゃ部門でも堂々の1位(現在は品切れ中)。

==以下、個人的見解==
平成ライダーシリーズの中でもデザイン性とヒキの強さはダントツ・・毎回、次週が待ち遠しくモヤモヤしながら生活し・・と思たらまたもや新たなる謎・・あー気になって眠れない・・にも関わらず、実は大した謎では(中略)・・・基本設定無視の(中略)・・でも一番好きな平成ライダーです♪・・あぁ龍騎も好きです(←最終回でマジ泣きしそうになりました)・・アギトも・・G3まいるどー。
==個人的見解終了==

と、いうワケで現在放送中の仮面ライダー響鬼も盛り上がってきたみたいで・・ディスクアニマルかわい過ぎ・・。

ところで・・最近ここの日記がオモチャの話題ばかりなのは、GW子供の日特集ということで・・

サイボーグ戦士ベガ

2005 年 5 月 2 日 00:04

劇場版『幻魔大戦』に登場した大友克洋さんデザインのベガ・・を独自の解釈でデザイン→造形したS.I.C. MOVIE REALIZATION 版のベガ。カッコイーぞ!サイボーグ戦士!

劇場版は平井和正の原作ファンや各所からはあまり良い評判を聞きませんが・・・ボクは非常に好きな映画です。っというのも、1983年公開当時、まだ一般にはあまり知られていなかった大友克洋さんをキャラクターデザイナーに起用し・・「おぁっ!あの童夢を描いた大友克洋が映画のキャラデザインだとー!酒井さんちのユキエちゃんの大友がー!宇宙パトロールシゲマのオオトモがー!これは是非、観に行かねばー!!」などとオタクちっくな気持ちで(当然ですが、当時『オタク』という言葉は存在してませんが・・)劇場にゴー!しかも、アニメ映画デートだ!(彼女→フツーの一般的なOL)(←当時の彼女はさぞや迷惑だったろう・・)

と、いうワケでリアルタイムに劇場で観たワケですが・・その美術設定・・背景の描き込みに驚愕・・歌舞伎町など新宿の街並みがリアルに描写されており・・当時としては画期的かつ衝撃的であり、コレは『ファーストガンダムのロボット=兵器の解釈等々』『マクロスの宇宙空間での戦闘シーン』等に勝るとも劣らない衝撃であり・・若きしげっトちゃんは「うおぉぉーーースゲーぞ!」と・・

「人間が空を飛ぶ時にはバリアーを張るのだー!バリアっ!カックイーぞ!」「円形誘導!」「絶対零度っ!」などと思い・・もう、当時のしげっトちゃんには画期的過ぎ・・刺激強過ぎ・・色んな意味で格好良かった・・でも周囲には、暴走族みたいなのやディスコ通いの連中や夜遊びを繰り返す友人ばかりで、ワタクシの気持ちなど全く・・誰にも理解してもらえず・・「空間振動波 放射っ!」(以下略)

幻魔大戦 DVD

ホーム > ブログトップ > 2005年5月のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2005 年 5月 »
    M T W T F S S
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31