機械ライダー&白ニャンコライダー
2005 年 3 月 28 日 00:20

仮面ライダーゾルダ&仮面ライダータイガ・・・この2名もれっきとした仮面ライダーです。現在放送中の仮面ライダー響鬼の3ヶ前に放送された仮面ライダー龍騎に登場しておりました。(主人公ではない)

この龍騎というTVシリーズには大勢の仮面ライダーが登場し、その連中が、最後の1人になるまでお互いにツブし合うという一風変わった設定で・・・なので、個々の仮面ライダーもヒーローというより1人の人間として描いてたりして、その周囲を取り巻く人々の描写と相まって見応えのある作品でした。

まぁ、結局、最後に生き残った1人だけが、どんな願いでも叶えられるというアレな設定で・・・結構、アレでしたが・・・そのために他のライダーを排除しなければならない・・・んで、そのライダー達の戦う理由ってのが、殆ど全員、俺ルールで・・相手のことなどお構いなし・・当然、その中には凶悪なライダーも多数存在しており・・脱獄したあげく、人質をとってファミレスに立て籠もり警官隊に包囲されるヤツもいれば、お金持ちになりたいがために戦うヤツもいたりして・・やっぱり、結構、アレな設定です・・。


【画像左:機械:仮面ライダーゾルダ】
中の人:永遠の命を求めて戦う悪徳敏腕弁護士。メインキャラの1人。飛び道具専門。(工場1ヶ丸ごとふっ飛ばした経歴あり)
チャームポイト:耳辺りにある自転車みたいな変なチェーン(劇中では動く)&ゴロちゃん

【画像右:白ニャンコ:仮面ライダータイガ】
中の人:英雄になりたい一心の俺ルールで殺戮を繰り返す正真正銘の基地外ストーカー。不意打ち専門。(必殺技は劇中トップクラスの殺傷力を誇るも見た目が超地味)
チャームポイト:カワイイ肉球ファイナルベント

んで、今回、バンダイのS.I.C.(スーパー・イマジネイティブ・チョウゴウキン)というフィギュアシリーズから、この2体セットが発売され、その造形は(特にゾルダ)当シリーズの中でも屈指の出来映え。=マニアやヲタ、テンバイヤーの間で祭りとなり、今やネ申フィギュア扱い。

ちなみに、同シリーズは基本的に石ノ森章太郎さんの原作物(ライダーやキカイダー)を中心に、独自の解釈で・・ってなわけで、オリジナルのデザインとはひと味違った造形でマニア心直撃の人気シリーズ。原型制作は映画『エイリアン』物の頂点『ALIEN PILE』等を手掛けた竹谷隆之と安藤賢司の両氏。

●アマゾン売上ランキング第1位:S.I.C.27 仮面ライダーゾルダ&タイガ
●ミクロマンにピッタリサイズのハカイダーバイク入りSIC 匠魂 VOL.5(BOX)

  • http://record-radio.net/MT/archives/2005/03/post_55.php

ホーム > ブログトップ > Movie & Toys > 機械ライダー&白ニャンコライダー

SEARCH
フィード