2005年1月のアーカイブ一覧

タイムマシン(前編):深夜絶叫疾走形態脳天逆落とし

2005 年 1 月 10 日 04:09

最近、日本各地の空撮写真を見るのに凝っている。ワタクシは高所恐怖症なので、空撮写真も少し怖い。その代わり、暗くて狭くてシメジメした所を好む&隙間恐怖症←隙間があると、そこにオモチャ等を置かねば気が済まない

ついでに言わせてもらえば、以前、バンジージャンプに挑戦した後、その際の飛び降りる瞬間の感覚がチビトラウマになり約1〜2年くらいウナされる日々が続いたくらい高いところが怖い。バンジージャンプは寿命が縮むので今後、一生涯禁止。当然、飛行機に乗るのもちと怖い。特に離陸の瞬間は、全身に力が入り手がグーになる。若いころは飛行機なぞ全然怖くなかったというか・・若いころは、墜落したら・・「まぁ、そん時ゃーそん時だ」くらいにしか考えていなかった・・ところが、歳をおうごとに命が惜しくなったのか・・今は前出のとおりであり手がグー。密かにグー。ばっちグー。土偶ー。遮光器土偶ー。五能線木造駅しゃっこちゃん♪

続きを読む

内なる葛藤とか・・

2005 年 1 月 9 日 03:35

最近、キミとボク 英語版や、extended edition のことで頭がイッパイで・・。もう、それらが、頭の中をぐるぐる回りつつ、仕事もやりつつ、十人桃太郎のことも考えつつ・・。端からは、一見、ぼけーっとしているように見えますが、実はあれこれ考えてるわけで・・偶に「うむふぅ・・」とか「あうぅうう」と唸ってみたり、モニタとキーボードの間にある小さなオモチャ置き場のオモチャを無意識にカクカク動かしてみたり(小さなオモチャ置き場→画像参照)・・心ここに在らずの状態でして・・。

英語版は、Ver.2+昨年夏に限定公開した『キミとボク scene tanabata』といった構成です。まぁ、七夕のシーンは英語版製作にあたり、英語圏の方々用に七夕にまつわるお話・・所謂、織姫と彦星の話をマクラとして前置きしつつ・・勿論、その起源であるアジア圏や日本各地でも、七夕のお話はビミョーに内容が違うわけで・・。その中から、一応、キミとボクはこの七夕のお話が下地になってますよ的な・・まぁ、いわば、プロローグ的な役割を担ってるわけでして・・。しかし、それでも、そのナレーションには、キミとボク 本編と同じ、本来のメッセージが隠されているわけで・・。

続きを読む

壁紙修正とキミとボク翻訳プロジェクト

2005 年 1 月 6 日 01:48

05-01-06_01-18.jpg壁紙の動作確認報告やご感想感謝です。やはり、通信機能が入ってるとPCのパフォーマンスが低下するっぽいので、皆様のPCのCPU及び、メモリの大幅追加&グラフィックカードの変更、若しくは、即刻、最高スペックのPCに買い換えて下さいです・・ではなく、 通信機能を廃止した修正バージョンの配布を開始致しました。なので、『ばーじょんA』をダウンロードした良い子の皆さんは『ばーじょんA2』に差し替えて下さいです。これでかなりパフォーマンスが向上すると思われます。お手数をお掛け致しますが、何卒宜しくです。今後も随時、動作報告、リクエスト等随時受付中です。こちらも、どうぞ宜しくです。ご協力感謝。

キミとボク翻訳プロジェクトでご支援頂いているメンバーズクラブ・アメリアより翻訳修正版が到着。わー大変だぁ〜 頑張らねば〜。おりゃ〜!

【お詫び】
先日の日記でお伝えした 小林東雲先生のアトリエ展ですが、本日6日〜11日開催の誤りでした。どうもすいません。尚、先生のサイトよりメールでお問い合わせ頂くとアトリエ展会場への地図を返信頂けるとのことです。

遅延お年玉配布開始

2005 年 1 月 5 日 00:51

05-01-05.gif本日よりパソコン用壁紙の無料配布を開始致します。第1弾は『ちび銀王号バージョン』。ささやかですが感謝の気持ちです。『graphics→animation→DESKTOP NAVIGATOR』よりご自由にダウンロードしてご利用下さい。ご利用には常時接続環境と最新のフラッシュプレイヤーが必要です。尚、機能的な部分を検討した結果、現在はWindows用のみとなります。マカーの皆さんごめんなさい。ご感想やリクエスト、不具合等御座いましたらご一報頂ければ幸いです。どうぞ宜しく。

今後のアニメーション公開スケジュールをanimationページ右にUPしました。一応、2005年前半〜中盤あたりまでに全部公開出来るとイイのですが・・キミとボク 2(仮題)の第2話あたりまでは何とか今年中に・・。と、いうワケでこちらも宜しくです。

十人桃太郎原本

2005 年 1 月 4 日 14:05

水墨画の巨匠 小林東雲先生より次期Flashアニメーション『十人桃太郎』用のロゴや図案の原本詰め合わせが到着しました。実物は迫力が違います&こちらまで、大いに創作意欲を掻き立てられます。感謝。尚、東京は蒲田の東雲ビルにて1月4〜11日まで東雲先生のアトリエ展が開催されます。本物を間近に鑑賞出来るチャンスです。御用とお急ぎでない方は是非立ち寄ってみて下さい。

『十人桃太郎』は曲に関しても、非常に刺激的な出会いがあり(現時点では、演奏者は極秘)。楽曲からの強いアプローチも、また、より良い作品創りへの想像力を掻き立てられ、そういった方々の自分の作品への拘りや主張、心遣い、そして作品を観てくれる皆様の作品への期待や励ましがボク自身の創作へのモチベイションと一体となり、より良い作品へと昇華するのだと思います。良き理解者であり、友人でもあり、またライバルでもある方々に恵まれ、ボク自身も一歩も引かない構えで望まねば押し潰されてしまいます。心して創らねば・・・。


新年ご挨拶グリーティングカードや沢山のお祝いの言葉、感謝です。時間が足らず返事もままならない状態ですが、全てに有り難く目を通させて頂いております。いつも気遣いありがとう。作品にてご恩返しができるべく頑張ります。一昨年、昨年と自己への迷いや問い、いわば手法への模索と確立やプライベートでのアレコレもありと遅筆となっておりましたが、今年は沢山の作品を創りますよー。ドーンとやりますよ。と、いうわけで今年も応援宜しくです。

ホーム > ブログトップ > 2005年1月のアーカイブ

SEARCH
フィード
    カレンダー
    « 2005 年 1月 »
    M T W T F S S
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31